autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート エコにも走りにも本気なプラグインハイブリッドでイッキに1000km走ってみた/「VW ゴルフ GTE」試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/4/28 11:51

エコにも走りにも本気なプラグインハイブリッドでイッキに1000km走ってみた/「VW ゴルフ GTE」試乗レポート(2/5)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志・フォルクスワーゲングループジャパン
エコにも走りにも本気なプラグインハイブリッドでイッキに1000km走ってみた/「VW ゴルフ GTE」試乗レポート

エコだけにあらず! VWのプラグインハイブリッドは走りも本気

「フォルクスワーゲン ゴルフ GTE」[PHEV(プラグインハイブリッド)] 試乗レポート/今井優杏「フォルクスワーゲン ゴルフ GTE」[PHEV(プラグインハイブリッド)] 試乗レポート/今井優杏

ということで、今や欧州勢の躍進もめざましく、ラインナップも拡大しつつあるプラグインハイブリッド車の中から、ゴルフ GTEを今回の相方に選んだ。

その理由は、「どうやらコレ、エコにも走りにも本気らしい」と知ったこと。

ご存知のとおり、ゴルフはCセグメントのコンパクトハッチバック。その上位モデルとして、いわゆるホットハッチと呼ばれるスポーツモデル「ゴルフGTI」をラインナップしている。

この「GTI」が本当に文字通りホットなもんだから、いつも試乗するたびに心に灯をつけられてまいっちんぐ、となってしまうのだが、今回試乗した「ゴルフ GTE」はまさに『プラグインハイブリッド版GTI』という位置づけがなされているのだ。

カタログに堂々と銘打たれたキャッチコピー、ずばり『ゼロエミッション・ホットハッチ』・・・ええやん!

メーカー自ら、プラグインハイブリッド版「ゴルフ GTI」と豪語

「フォルクスワーゲン ゴルフ GTE」[PHEV(プラグインハイブリッド)] 試乗レポート/今井優杏

ルックスもGTIのそれと印象を共有している。GTIがレーシングでスポーティーな赤をアイキャッチに持ってきている部分のすべてを、GTEではブルーに置き換えた。

エンブレムはもちろんのこと、フロントグリルからライトの中までを繋げたブルーのライン、そしてあの、特徴的なタータンチェック柄のシート(ファブリックのみ)までも!

しつこいようだが片道単独500km。自動車に乗りまくってそのレポートを書くというけったいな生業に身をやつす者としてのみならず、いちドライバーとしても退屈なクルマは拷問でしかない。GTIみたいな性格のプラグインハイブリッドだったら、きっと絶対楽しいに違いない!

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円