autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート エコにも走りにも本気なプラグインハイブリッドでイッキに1000km走ってみた/「VW ゴルフ GTE」試乗レポート

試乗レポート 2016/4/28 11:51

エコにも走りにも本気なプラグインハイブリッドでイッキに1000km走ってみた/「VW ゴルフ GTE」試乗レポート(1/5)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志・フォルクスワーゲングループジャパン
エコにも走りにも本気なプラグインハイブリッドでイッキに1000km走ってみた/「VW ゴルフ GTE」試乗レポート

奈良まで片道500kmの旅、パートナーに選ぶクルマは限られてくる

「フォルクスワーゲン ゴルフ GTE」[PHEV(プラグインハイブリッド)] 試乗レポート/今井優杏「フォルクスワーゲン ゴルフ GTE」[PHEV(プラグインハイブリッド)] 試乗レポート/今井優杏

ちょっと(いやだいぶ…)前のことなんだけど、なかなか面白い試乗だったので記事にしておこうと思う。

フォルクスワーゲンのプラグインハイブリッド車、「ゴルフ GTE」で奈良の実家まで帰省してきたのだ。

ごく個人的なプロフィールからいうと、私は奈良県南部地方出身。実家に帰省する際には、いつも片道500㎞程度の道程を一人で運転し、その時間を試乗に充てることが多い。

しかし、逆に言えばその長い走行距離の問題から、通常はガソリン、もしくはディーゼルなどエンジンモノのクルマを選んでいた。だってねえ、EVでたとえ500km走りきれたって、実家に充電ポートなんて用意されてないし、充電インフラの整備された高速道路のみならまだしも、山間部も含む500kmを充電ポート探しながら走るの不安だし。仕事ならそれも楽しいが、実家に帰るときはもっとストレスなく運転したい。

しかし、奈良山間部の峠道でモーターのパワーを味わってみたい・・・

「フォルクスワーゲン ゴルフ GTE」[PHEV(プラグインハイブリッド)] 試乗レポート/今井優杏「フォルクスワーゲン ゴルフ GTE」[PHEV(プラグインハイブリッド)] 試乗レポート/今井優杏

しかし、それと同時にかねてよりちょっとした願望があった。

急峻なワインディングが連続する、すんばらしい峠を多く持つ奈良南部を走るたびに思っていたのだ。「ここをモーターのトルクで走ったら、さぞや気持ちいいんではないのだろうか」とね。

トルク伝達の速いモーター走行の、エンジンにはない鮮烈な加速は、特に登坂道なんかの山道で味わうと快感もひとしおなんだもの。

そこでプラグインハイブリッドである。

ガソリンエンジンと外部給電式電気モーターを両方備えるこれなら、たとえバッテリーの電池がカラになっても、ガソリン入れれば普通に走れる。途中で充電ポートを見つけたときだけ給電できれば御の字かも、という算段だ。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円