autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ゴルフ GTI 海外試乗レポート/飯田裕子

試乗レポート 2013/5/24 11:25

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI 海外試乗レポート/飯田裕子(1/2)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 飯田 裕子 Photo: フォルクスワーゲン グループ ジャパン
フォルクスワーゲン ゴルフ GTI 海外試乗レポート/飯田裕子

ゴルフと言えば“GTI”

フォルクスワーゲン ゴルフ GTIフォルクスワーゲン ゴルフ GTI

37年前に初代ゴルフが誕生して以来、常にゴルフのハイパフォーマンスモデルとして特別な存在であるゴルフ『GTI』。ゴルフというコンパクトカーが比較的手頃な価格で優れた性能を持つスタンダードモデルとして世界中で支持される一方で、「ゴルフと言えばGTI」という人も少なくないのではないか。

昨年秋に本国で7代目となる新型ゴルフが登場してから半年後の3月には、ジュネーブモーターショーでGTIが発表された。そして今回、ミュンヘン~オーストリアで試乗することができた。

「GTI」は新型ゴルフに採用される様々な安全技術の採用はもちろん、ゴルフというモデルに求められる実用性や信頼性はそのままに、よりスポーティな走行が楽しめる最新技術の採用も盛り沢山。結果、スポーティさはもちろんだが、最新ゴルフの中でも最も基本性能と走りの質を高めたモデルとして、むしろ幅広いユーザーにマッチするモデルへと進化しているという印象を受けた。

初代ゴルフを思わせる視覚的効果が取り入れられているリアビュー

フォルクスワーゲン ゴルフ GTIフォルクスワーゲン ゴルフ GTI

まずはデザインの特徴からご紹介したい。

新開発のMQBプラットフォーム(車体)をベースに造られた新型ゴルフは、どこから見てもゴルフでありながらデザインの新しさは十分だ。

さらに、ボディの面と面の隙間の少なさが、デザイン性と共に質感の高さを表している。

エクステリアではラジエーターグリルを縁取る赤いラインとブラックメッシュのグリル、そして225/45R18を履くタイヤ&ホイールの間からGTIであることをさり気なく主張する赤いブレーキキャリパーを採用。

リアまわりにもデザイナーのこだわりが詰まっており、大型のリアウイングは、ハッチゲートとボディがフラットになるように取り付けられている。また専用のダークレッドLEDテールレンズは、新型ゴルフのテールゲートのシャープなプレスラインと共に水平ラインを築くレンズ内のホワイトLEDも特徴的。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTIフォルクスワーゲン ゴルフ GTI

左右のクロームテールパイプも含め、GTIのリアビューは明らかにベースモデルとは違う。初代ゴルフを思わせる視覚的効果も取り入れられているそうだ。

インテリアではGTIの証でもあるタータンチェックのシート生地が、新型にも新デザインと共に使用されており、シート地に付けられた呼称も先代の「ジャッキー」から「クラーク」へと変わっている。GTIファンの「今度はクラークかぁ」という声が聞こえてきそうだ。

他にもスポーツステアリングや、6MTモデルに採用されるゴルフボールを模したシフトノブ(従来型GTIにも採用されていた)がGTIらしさを感じさせてくれた。ちなみに6速DSGには採用されておらず、残念。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTIフォルクスワーゲン ゴルフ GTIフォルクスワーゲン ゴルフ GTIフォルクスワーゲン ゴルフ GTIフォルクスワーゲン ゴルフ GTI
フォルクスワーゲン ゴルフ GTIフォルクスワーゲン ゴルフ GTIフォルクスワーゲン ゴルフ GTIフォルクスワーゲン ゴルフ GTIフォルクスワーゲン ゴルフ GTI

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円