autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ゴルフ R32 試乗レポート

試乗レポート 2006/2/22 11:43

フォルクスワーゲン ゴルフ R32 試乗レポート

フォルクスワーゲン ゴルフ R32 試乗レポート

最強で最速で豪華な“スーパーゴルフ”

ホッテスト・グレードとして名を馳せる『GTI』をも凌駕するスーパー・ゴルフ――それが、いよいよ日本でも発売となった『R32』だ。VW自らが「ゴルフ史上最強」と銘打つように、スペック上での性能ではこちらがGTIのそれを確実に上回る。250psの最高出力は50psもの上乗せ。6.2秒という DSG仕様車での0→100km/h加速タイムも、0.7秒の先行という俊足ぶりだ。「第6速でフルに回りきった時点でちょうどこの値になる」という 250km/hの最高速は、同じMT仕様車同士の比較で15km/hのプラス。かくして、“最強”であると同時に紛れもなく“最速”でもあるのが新しい R32なのである。

一方でそうした強さと速さの持ち主でありつつも、走りのスポーツ性ばかりを前面に押し出すわけではないのがGTIとはややスタンスの異なる点。エクステリアやインテリアにはGTIにはない華やかさがアピールされるし、6気筒エンジンや4WDシャシーの採用にも運動性能に対するGTIとの微妙な考え方の違いが滲み出る。すなわち、「より豪華で、快適に移動するためのツール」というキャラクターも読み取れるのがこちらR32。どこをとっても“スーパー”を目指したゴルフがこの一台というわけだ。

R32専用アイテムがゴージャス感を漂わせる

そんなR32を“普通のゴルフ”と見分けるのは、外観上からも内装上でもさほど難しい作業ではない。例えば、フロントビューではシリーズで唯一、アルミルック仕上げの光輝くワッペングリルを与えられるのがこのモデルだし、リアビューではバンパー下部中央から2本出しをされるテールパイプもR32だけのアイテムだ。ちなみに受注生産という扱いながら日本のゴルフ・シリーズ中で唯一2ドア・ボディを選択出来るのも、このR32ならではの“特権”。もっとも、こうして2ドアのボディを選択するとそこに組み合わせが出来るのは3ペダルMTと左ハンドル仕様のみ。一方、4ドア・ホディだとDSG(2ペダルMT)+右ハンドル仕様のみ、と、強制的に組み合わせを限定をされてしまうのは残念。例えば、右ハンドルの2ドアにDSGを組み合わせたい、という人だってきっと居るはず。このあたりは、もう少し柔軟に対応をして貰えると嬉しいのだが…。

インテリアでは、『R』のロゴ付きステアリング・ホイールやスポーツシート、300km/hまでを刻むスピードメーターなどの計器類が専用のデザイン。ちょっと派手めの光沢を放つドアやダッシュボードに配された加飾パネルやステンレス調のペダル類など、ゴージャス感を漂わせる“光もの”が多用されているのも、このモデルの特徴になる。

V6エンジンの文句なしの動力性能と群を抜いた安定性

R32の速さは文句ナシ。そこが市街地であろうが高速道路であろうが、そしてそれがMT仕様車であろうが、DSG仕様車であろうが、どのようなシーンでもアクセル一発で飛び切りの速さを味わわせてくれるのがR32というクルマの走りの第一印象だ。

そして、そんなこのクルマの動力性能を6気筒エンジンならではのスムーズなパワーフィールと共に一層心地良いものとしてくれる要因が、もはや「ミュージック」と表現をしたくなるほどにゴキゲンなサウンド。特に、高回転にかけての管楽器を奏でるかのようなハイトーンな排気の音色には思わず惚れ惚れとしてしまうほど。中でも、変速時でもシームレスな加速を実現させるDSG車の連続的な音色の変化は、そのままホームシアターで再生をしたくなるくらい(?)に芸術的ですらある。

強力な加速と同様に印象的なのは、圧倒的な高速直進性も含んでの徹底した“オン・ザ・レール”のハンドリング感覚。まさに、どのようなシーンでも「狙ったラインは外さない」というどっしりとした走りの感覚は、そもそも安定性には富んだ現行ゴルフの中でもさらに群を抜いている。確かに、軽快感という点では GTIに敵わない。が、だからこそ両車の間では、走りのキャラクターの明確な“棲み分け”が出来ていると言っても良さそうだ。

確信犯的に世に送り出された異端モデル

ゴルフなんかに400万円以上の大枚をはたけるか!――確かにそうした声も聞こえてきそうではある。そもそも今のゴルフは大き過ぎる。そんなサイズでそんな価格のクルマだったら、自分ならもっと別なブランドを選ぶ! という人もきっと居るだろう。

が、フォルクスワーゲンは敢えてそうした好みがハッキリと別れそうな異端のモデルを、確信犯的に世に送り出したのだ。ゴルフの姿はしているが、もはやスペック的にも性能的にも“ゴルフの世界”は軽々と超越をした一台――このメーカーは、きっとそんなクルマを創ってみたかったのだとぼくは思う。

であれば、そうしたVWの狙いはR32でクリアに具現化されている。ショールームで、GTIとR32で迷う人など、きっと誰ひとりとして居ない事だろう。

もっとも、「MTかDSGか」で迷う人は少なからず発生をする事にはなりそう。が、R32の場合、その点ではぼくのオススメはずばり「後者の方」。MTの特長をそっくり受け継いだ上で、変速時間のロスを無くす事に成功したのがDSG。そんな最先端のテクノロジーが生み出す走りのフィーリングは、R32というクルマのキャラクターにピタリと符号すると思うからである。

筆者: 河村 康彦

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円