autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 フォルクスワーゲン、フルモデルチェンジした新型ゴルフ(ゴルフ7)を発表 ~ゴルフ史上最高の燃費21.0km/Lを実現~

新型車リリース速報 2013/5/20 18:43

フォルクスワーゲン、フルモデルチェンジした新型ゴルフ(ゴルフ7)を発表 ~ゴルフ史上最高の燃費21.0km/Lを実現~

フォルクスワーゲン、フルモデルチェンジした新型ゴルフ(ゴルフ7)を発表 ~ゴルフ史上最高の燃費21.0km/Lを実現~
フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(ゴルフ7)発表会の様子

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、新型「ゴルフ(ゴルフ7)」を本日、東京・代々木第一体育館でお披露目した。販売開始は6月25日(火)から。

発表会の司会には、日本人でアウディのデザイナーを務めた和田智 氏が登壇。更には初代ゴルフを手掛けたマエストロ、ジョルジェット ジウジアーロ氏、7代目ゴルフを統括したワルター デ シルヴァ氏も登場し、会場を盛り上げた。

発表会に出席したフォルクスワーゲン グループ ジャパンの庄司 茂 代表取締役社長は、「ゴルフはゴルフクラスなどとも言われるコンパクトカーの世界標準、日本で最も親しまれる輸入車です。輸入車モデル別登録台数は25年連続で1位。1975年からこれまでに573,000台輸入されています。新型ゴルフはドイツ語で“Das Auto(英語でザ オート)”つまり真のクルマであるといえます」とコメントした。

今回で7世代目となる新型「ゴルフ」は、フォルクスワーゲンの新しいモジュール戦略「MQB」のもと開発された初めてのモデル。先代ゴルフで採用されていたTSI エンジンや高剛性ボディ、サスペンションだけでなく、エアコンやインフォテインメントシステムなど様々な部分が新世代モジュールとしてゼロから開発され、機能と性能が格段に向上。プレミアムカーに匹敵する内外装品質、クラス最高の安全装備、大幅な軽量化と燃費の向上に成功している。

ボディカラーはコミュニケーションカラーのパシフィックブルーメタリックを含む全8色。販売価格(消費税込)は、「TSI トレンドライン」が249万円、「TSI コンフォートライン」が269万円、「TSI ハイライン」が299万円。

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(ゴルフ7)発表会の様子フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(ゴルフ7)発表会の様子フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(ゴルフ7)発表会の様子フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(ゴルフ7)発表会の様子フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(ゴルフ7)発表会の様子

歴代ゴルフ最高の燃費比21.0km/L(JC08モード)を達成

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(ゴルフ7)発表会の様子

新型ゴルフは、これまで搭載していた1.2TSI、1.4TSIを刷新。1.2リッターTSIエンジンに7速DSGトランスミッションが組み合わされ、わずか1,240kgに軽量化された車両重量の効果と相まって、燃費は歴代ゴルフ最高の21.0km/L(JC08モード)低燃費を実現した。

1.4リッターTSI エンジンは、負荷の少ない運転時に、4気筒のうち2気筒が休止する自動気筒休止システム「アクティブシリンダーマネジメント(ACT)」をゴルフ初採用。7速DSGトランスミッションと組み合わされ、低燃消費率は19.9km/Lを達成する。これらのパワートレインにブレーキエネルギー回生システム(BLUEMOTIONTECHNOLOGY)が組み合わされ、新型ゴルフは、全車エコカー減税100%対象(免税)となっている。

クラス最高の9つのエアバッグ搭載

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(ゴルフ7)発表会の様子

新型ゴルフは、コンパクトカークラス最高の9つのエアバッグの他、「up!」に搭載されているシティエマージェンシーブレーキを更に進化させ、ミリ波レーダーを採用したプリクラッシュブレーキシステム“Front Assist Plus”を標準で搭載。さらに、2次衝突の危険を軽減するマルチコリジョンブレーキシステム、事前にシートベルトのテンションを高め、エアバッグの効果を高めるためにウインドーを閉じるプロアクティブ・オキュパント・プロテクションシステムなど数々の予防安全装備をクラス初の全車標準装備としている。

「TSI トレンドライン」「TSI コンフォートライン」「TSI ハイライン」の3グレードを発売

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(ゴルフ7)発表会の様子フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(ゴルフ7)発表会の様子

「TSI トレンドライン」

1.2リッターTSI エンジンを搭載、エントリーモデルに位置付けられる。レザーステアリングホイール、15インチアルミホイールなどを標準装備。

「TSI コンフォートライン」

1.2リッターTSI エンジンを搭載。「TSI トレンドライン」の装備に、フロントフォグランプや16インチアルミホイールを追加。快適装備としてアダプティブクルーズコントロール“ACC”、2ゾーンフルオートエアコンディショナー、リアビューカメラ、マルチファンクションステアリング等装備。

「TSI ハイライン」

1.4リッターTSI エンジンを搭載。「TSI コンフォートライン」の装備に加え、エクステリアでは専用デザインの17インチアルミホイールやダークテールランプ、デュアルエキゾーストパイプ等を採用。インテリアにはアルカンターラ&ファブリックを採用したスポーツシートや、“Lane Assist”、ドライビングプロファイル機能等を装備。

新型 ゴルフ 主要諸元

全長x全幅x全高:4,265x1,800x1,460mm/車輌重量:1,240kg(TSI トレンドライン / TSI コンフォートライン)、1,320kg(TSI ハイライン)/乗車定員:5名/駆動方式:前輪駆動(FF)/エンジン種類:直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ[4バルブ]/総排気量:1,197cc(TSI トレンドライン / TSI コンフォートライン)、1,394cc(TSI ハイライン)/最高出力:105PS(77kW)/4,500-5,500rpm(TSI トレンドライン / TSI コンフォートライン)、140PS(103kW)/4,500-6,000rpm(TSI ハイライン)/最大トルク:17.8kgm(175Nm)1,400-4,000rpm(TSI トレンドライン / TSI コンフォートライン)、25.5kgm(250Nm)/1,500-3,500rpm(TSI ハイライン)/トランスミッション:7速DSG

VW ゴルフ

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(ゴルフ7)発表会の様子

1974年に初代モデルを発売。以来、6世代38年間にわたり2,900万台以上が生産されている世界的ベストセラーモデル。国内でもJAIA(日本自動車輸入車組合)が1988年に統計を開始して以来25年間、ゴルフシリーズとして販売第1位をキープするなど、日本で最も親しまれている輸入車。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円