autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 フォルクスワーゲン 新型ゴルフカブリオレ 新車発表会速報

新型車リリース速報 2011/9/8 19:16

フォルクスワーゲン 新型ゴルフカブリオレ 新車発表会速報

フォルクスワーゲン 新型ゴルフカブリオレ 新車発表会速報

10年ぶりのカムバック!

新型ゴルフカブリオレ フロントイメージ新型ゴルフカブリオレ リアイメージ

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは8日、4代目となる新型ゴルフ・カブリオレを、10月1日から販売開始すると発表した。

発表イベントが行われたのは、東京は六本木にあるミッドタウンのアトリウム/コートヤード。吹き抜けで外の光をふんだんに取り入れる全面ガラス張りのアトリウムホールは、ゴルフ・カブリオレのオープンエアドライブを象徴する開放的な空間が特徴だ。

この日は、アトリウムホールの他に、コートヤードと呼ばれる屋外広場も活用しての発表会となり、歴代のゴルフ・カブリオレを一同に揃えた、まさに総括イベントとなった。

さて、4代目となる新型ゴルフ・カブリオレ。久しくその名を聞かなかったという人も多いのでは。

実はゴルフ・カブリオレ、2002年の3代目の生産終了をもって、そのモデルに幕を下ろしたのだ。

しかし、あれから10年。本国のマーケティング調査では、初代から支持の多かったゴルフ・カブリオレは、やはりフォルクスワーゲンのラインナップに加えるべきという結論に至り、ふたたび、華々しく「復活」という展開を迎えたわけだ。

初代 ゴルフ カブリオ

初代ゴルフ・カブリオは1979年に誕生。

当時は、そのシャープでクリーンなフォルムが全世界38万人もの心を掴み、南仏はコート・ダ・ジュールや、西海岸のカリフォルニアで圧倒的に高い人気を博した。

その後も1993年に2代目、1998年には3代目とフルモデルチェンジを行うに従い、コンパクトなオープン・エア・モータリングの代名詞ともなっていった。

日本では1980年の初代モデル販売開始から累計で11,000台強が顧客の手へと渡り、それらファンからも、欧州、北米と同じく、復活を要望する声が高かったのだという。

ぜひ、女の子に乗ってもらいたい!

初代 ゴルフ カブリオ

そんな4代目新型ゴルフ・カブリオレだが、デザインや質感、テクニカルといった部分は、ほぼ現行ゴルフそのままと言って差し支えないだろう。

歴代のゴルフ・カブリオレは、Aピラーとロールオーバーバーが、籠の取っ手のように見えたことから、通称「ストロベリー・バスケット」と呼ばれ、ロールオーバーバー自体が特に目立った存在となっていた。

これはある意味、ゴルフ・カブリオレの特徴でありアクセントとなっていたものなのだが、確かにそのスクエアフォルムは小さくておしゃれだが、なかなか爽快なイメージというものはいまひとつといった感じであった。

その反動もあってか新型ゴルフ・カブリオレは、車体転倒時のみ2本の金属製バーが瞬時に飛び出す「ロールオーバープロテクションシステム」を採用。

つまりホロオープン時でもリアシート後方のロールオーバーバーの姿はなく、ボディサイドから眺めればクーペのように流麗で都会的、しかも女性が似合うエレガントな雰囲気を漂わせるデザインとなった。

ボディカラーも全5色、シートカラーも4色(全てレザーシート)を設け、完成度の高い演出が目を惹く。

インテリアはまず4人がゆったり座れるフル4シーターというのが魅力的だ。

ホロもブラックのソフトトップを採用したことで、見た目からして軽快そのもの。オープンはわずか9.5秒、クローズは11秒というこちらもまさに軽やかな動きが自慢だ。

特にホロ収納時は、リアシート後部にきれいに収まるたたみ方で、先代モデルのような、まるでホロを背負っているかのような見た目はない。おまけにトランクは、ホロ使用時、収納時と、共に常時250Lというスペースをキープ。

このクラスのオープンカーとしては、広めの積載容量が設けられており、紛れもなくこちらも新型ゴルフ・カブリオレの特筆すべきポイントだ。

新型ゴルフカブリオレ サイドイメージ新型ゴルフカブリオレ インパネ新型ゴルフカブリオレ新型ゴルフカブリオレ新型ゴルフカブリオレ

価格は¥3,999,000。決して高くはない!

搭載するエンジンは直4DOHCインタークーラー付ターボ+スーパーチャージャーの1.4リッター(160ps/24.5kgm)。これに乾式クラッチ型7速DSGトランスミッションが組み合わさる。

ボディ剛性にいたっては、カブリオレモデルならではのフレーム構造を用いており、フロントウィンドーフレーム、アンダーボディ、サイドパネルなど、多くの部分に補強を加えている一方、ドアについてもインパクトビームの強化を施すなど、充分なねじれ剛性も実現しているとのこと。

その他ESP装着はもちろん、欧州の衝突安全基準(ユーロNCAP)では5つ星を獲得するなど、乗員保護性能はお墨付きだ。

装備については、バイキセノンヘッドライト、LEDテールランプ、ダークテールレンズ、17インチアルミホイール、ウィンドディフレクター、パークディスタンスコントロール(オプティカルパーキングシステム)、パドルシフトが標準装備となるなど、充実した嬉しい装備も魅力的だ。

新型ゴルフ・カブリオレの価格は¥3,999,000(税込)。

もちろん日本車ではないために割高感は否めないが、リッター15.4km/Lという燃費性能や、高い乗員保護性能、そして充実の装備内容に、このスタイリッシュなデザインとくれば、必ずしも“割高”とは言えないだろう。

むしろ、最近のフォルクスワーゲンのクルマのトータルバランスの高さは、もはや日本車以上なのかもしれない。

新型ゴルフカブリオレ新型ゴルフカブリオレ バイキセノンヘッドライト新型ゴルフカブリオレ LEDテールランプ新型ゴルフカブリオレVGJ代表取締役社長のゲラシモス・ドリザス氏

フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円