autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ ウィッシュ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/4/23 16:00

トヨタ ウィッシュ 試乗レポート(3/4)

関連: トヨタ ウィッシュ Text: 松下 宏 Photo: 原田淳
トヨタ ウィッシュ 試乗レポート

一新したパワートレーンでさらなる低燃費を実現

エンジン

新しいウィッシュではパワートレーンが一新された。搭載エンジンは1.8Lと2.0Lだが、いずれもバルブマチック仕様のエンジンになった。これはバルブのリフト量を連続可変式にすることで、空気の流入量を最適にコントロールし、低燃費と出力の向上を実現するものだ。

さらにトランスミッションも全車にスーパーCVT-iが組み合わされるようになった。無段変速のCVTは滑らかな走りが得られると同時に、燃費性能の向上にも貢献する。またインパネにエコモードスイッチが設けられ、このモードで走ると燃費が良くなるほか、インパネ内のエコドライブインジケーターもエコ運転を促してくれる。逆にスポーティな走りを楽しむためのスポーツモデル(1.8S)とダイナミックスポーツモード(2.0Z)も設定され、ドライバーの好みに応じた走りを楽しむことができる。

初代モデルに比べた動力性能の向上幅は1.8Lエンジンのほうが大きく、実際に走らせてみるとこれで十分という感じ。ウィッシュは3列シート車なので車両重量はちょっと重いのだが、それを感じさせない走りが得られる。吹き上がりの良さは際立って良くはないものの、CVT車にありがちなエンジン回転の上昇と車速の上昇とのズレによる違和感が少ないので、自然な加速感が走りの気持ち良さにつながる。エコモードを選択してインジケーターを見ながら走ると、限られた条件ながらかなり良い燃費データが得られた。

1.8Sに設定されたスポーツモードを選択すると、CVTの変速制御がエンジン回転を高めに維持するようになり、アクセルワークに対するレスポンスが良くなる。パドルシフトによるマニュアル操作に対してもキビキビした反応が得られ、ミニバンには似合わないくらいにスポーティな走りになる。

2.0Lエンジンの搭載車は動力性能に余裕があり、一段と気持ち良い走りが楽しめる。2.0Zにはダイナミックスポーツモードが設けられていて、これはCVTだけでなくTRCの制御や電動パワーステアリングの操舵フィールもスポーティな方向に制御される。CVTに比べるとステアリング制御の違いは小さめだが、走りのキビキビ感が一段と強調される。

タイヤメーター走行シフトノブパドルシフト

トヨタ ウィッシュ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ウィッシュ の関連記事

トヨタ ウィッシュの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ウィッシュ の関連記事をもっと見る

トヨタ ウィッシュ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25