autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 トヨタ C-HR vs ホンダ ヴェゼル どっちが買い!?徹底比較

どっちが買い!?徹底比較 2016/12/2 17:17

トヨタ C-HR vs ホンダ ヴェゼル どっちが買い!?徹底比較(1/2)

トヨタ C-HR vs ホンダ ヴェゼル どっちが買い!?徹底比較
トヨタ C-HR

最近はクルマの好きなユーザーを中心に、クロスオーバーSUVが人気を集めている。大径のタイヤを装着して外観がカッコ良く、ボディの上側はワゴンや5ドアハッチバックと同じ形状だから居住性も満足させやすい。荷室にはリアゲートが装着され、荷物の収納もしやすい。趣味性と実用性を両立させて人気を得た。

SUV車はもともと悪路を走ることを考えたクルマで、タイヤのサイズも大きいが、今では一種のファッションになった。SUVだから走破力が高いとはいえず、駆動方式が2WDで、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)が170mm以下の車種も増えた。少し背の高いワゴン&ハッチバックとなっている。

SUV車は北米市場を中心に堅調に売れており、今では日本車や欧州車にも数多く用意される。ただしボディが全般的に大柄だ。

ホンダ ヴェゼルハイブリッド(HYBRID X/FF)

その意味で注目される新型車が、2016年12月14日に発売されるトヨタ新型SUVのC-HRだろう。全長を4360mmに抑えて、3ナンバー車ではあるがSUV車ではコンパクトな部類に入る。

C-HRを迎え撃つライバル車はホンダ ヴェゼル。全長を4300mm前後に抑えたコンパクトなSUVで、外観には存在感があり、ボディサイズの割に車内が広い。今回はこの2車種を比べる。

エンジンはC-HRが1.2Lのターボと1.8Lのハイブリッドモデル。ヴェゼルは1.5Lのノーマルモデルとハイブリッドモデルを用意する。駆動方式は前輪駆動の2WDと4WDで、C-HRはターボが4WD、ハイブリッドは2WDと区分した。ヴェゼルは両エンジンで2種類の駆動方式を選べる。なおC-HRは発売前なので、比較車両はプロトタイプになる。

ボディスタイル・サイズ・視界・取りまわし性比較/C-HR vs ヴェゼル

トヨタ C-HR“G”(1.8ハイブリッド/ボディカラー:ラディアントグリーンマイカ)ホンダ ヴェゼルハイブリッド(HYBRID X/FF)

ボディの基本形状は両車とも似ている。サイドウインドウの下端が高めで、後ろに向けて持ち上がり、後端部分でキックアップさせた。天井は後ろに向けて下降しており、ボディ後端のピラー(柱)は三角形に近い。

そのために両車ともに後方視界で不利になり、特にC-HRは数ある国産乗用車の中でも後ろがきわめて見にくい。

C-HRのボディサイズは全長が4360mm、全幅が1795mm、全高はハイブリッドが1550mmでターボは1565mmだ。ハイブリッドなら立体駐車場の利用性が優れている。

ヴェゼルはC-HRに比べて全長が60mmほど短く、全幅も標準ボディでは25mm下まわる。全高は1605mmだから、2WDの場合でC-HRよりも55mm高い。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)はC-HRが2640mm、ヴェゼルは2610mmだ。最小回転半径はC-HRが5.2m、ヴェゼルは5.3mで、RSは5.5mに拡大する。

C-HRは小回り性能は少し優れているが、後方視界がきわめて悪いので注意したい。

勝者:ヴェゼル

トヨタ C-HR“G”(1.8ハイブリッド/ボディカラー:ラディアントグリーンマイカ)トヨタ C-HR“G”(1.8ハイブリッド/ボディカラー:ラディアントグリーンマイカ)トヨタ C-HR“G”(1.8ハイブリッド/ボディカラー:ラディアントグリーンマイカ)トヨタ C-HR“G”(1.8ハイブリッド/ボディカラー:ラディアントグリーンマイカ)トヨタ C-HR“G”(1.8ハイブリッド/ボディカラー:ラディアントグリーンマイカ)
ホンダ ヴェゼルハイブリッド(HYBRID X/FF)ホンダ ヴェゼルハイブリッド(HYBRID X/FF)ホンダ ヴェゼルハイブリッド(HYBRID X/FF)ホンダ ヴェゼルハイブリッド(HYBRID X/FF)ホンダ ヴェゼルハイブリッド(HYBRID X/FF)

内装のデザイン・質感・操作性・視認性比較/C-HR vs ヴェゼル

トヨタ C-HR “S-T”(1.2ターボ)ホンダ ヴェゼルハイブリッド(HYBRID X/FF)

インパネの中央に収まるエアコンのスイッチパネルをドライバーの方に傾けるなど、両車には共通点が見られる。

左端のスイッチにも手が届きやすく操作性は良好だ。

メーターの視認性も良いが、インパネ中央のモニターはC-HRが少し見やすく、質感も僅差ではあるが勝っている。

勝者:C-HR

前後席の居住性比較/C-HR vs ヴェゼル

トヨタ C-HR“G”(1.8ハイブリッド)トヨタ C-HR“G”(1.8ハイブリッド)ホンダ ヴェゼルハイブリッド(HYBRID X/FF)ホンダ ヴェゼルハイブリッド(HYBRID X/FF)

前席の座り心地は両車ともに互角だ。シートのサイズに余裕を持たせ、肩や腰まわりのサポート性も良い。不満のない座り心地に仕上げた。

後席は差が生じる。座面の柔軟性はC-HRが少し勝るが、足元の空間はヴェゼルが広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は、C-HRが握りコブシ2つ弱、ヴェゼルは2つ半ほどの余裕がある。頭上の空間もヴェゼルが少し広い。

勝者:ヴェゼル

乗降性比較/C-HR vs ヴェゼル

トヨタ C-HR“G”(1.8ハイブリッド)

両車ともにSUVとしては床を低く抑え、足をあまり持ち上げずに乗り降りできる。座る位置の地上高も適度で、腰の移動量が少ない。

差が生じるのは後席だ。両車ともに天井が後方に下降して、後席側のドアは開口部が狭まるが、その度合いはC-HRが強い。頭を大きめに下げて乗り降りする。後席側のドアノブは両車とも高い位置に装着されて使いにくいが、操作性を比べるとヴェゼルが少し勝る。

勝者:ヴェゼル

荷室比較/C-HR vs ヴェゼル

トヨタ C-HR“G”(1.8ハイブリッド)ホンダ ヴェゼルハイブリッド(HYBRID X/FF)

C-HRは荷室の床が高めだ。しかもリアゲートを大きく寝かせたので(傾斜角は25度)、背の高い荷物を積みにくい。

その点でヴェゼルは、フィットなどと同様に燃料タンクを前席の下に搭載して、C-HRに比べると荷室の床が低い。荷物の出し入れがしやすい。

またヴェゼルには後席の座面を持ち上げて、背の高い荷物を積む機能も備わる。この機能は実際に使われる機会は少ないようだが、ヴェゼルはシートアレンジが多彩だ。

勝者:ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル 関連ページ

トヨタ C-HR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/19~2017/8/19