autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア vs 日産 セレナ どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2014/2/4 22:55

トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア vs 日産 セレナ どっちが買い!?徹底比較(2/4)

関連: トヨタ ヴォクシー , トヨタ ノア , 日産 セレナ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正/オートックワン編集部
トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア vs 日産 セレナ どっちが買い!?徹底比較

【トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア vs 日産 セレナ インテリア対決】

トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッドトヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド

運転席に座ってインパネをチェックすると、質感は新型ヴォクシー&新型ノア、セレナともに満足できるレベルにある。質感は互角と考えて良い。

スイッチ類の操作性も同様だ。ヴォクシー&ノアは新型になってインパネの下側を手前に張り出させ、ATレバーとエアコンのスイッチを装着した。セレナもATレバーは同じような位置に備わり、操作性は良い。

メーターはセレナがインパネ最上部の奥まった位置に装着され、新型ヴォクシー&新型ノアよりも視認性が優れる。前方からメーターに視線を移した時も、目の焦点移動が少ない。

日産セレナ日産セレナ

半面、セレナはインパネの最上部が高く、小柄なドライバーが運転すると少し圧迫感を抱く。

ちなみに先代ヴォクシー&ノアも、メーターをインパネ中央の高い位置に備えていた。これをハンドルの奥側に移動させたのは、前方視界を向上させるためだ。メーターの配置は一長一短で、視認性ならセレナ、前方の見やすさなら新型ヴォクシー&新型ノアとなる。

後者については、前方視界が開けたことでボンネットの手前が少し視野に入る。車幅も把握しやすくなった。側方の視界は同程度。先代ヴォクシー&ノアはセレナに比べてサイドウィンドウの下端が高く、側方視界が悪かったが、新型になって60mmほど低く抑えたからだ。

右側のサイドウィンドウを開いて後方を振り返ると、後輪が視野に入る。これはサイドウィンドウの下端が低い証で、駐車時に白線に合わせやすいメリットもある。

安全運転の基本は車両の周囲に潜む危険を早期に発見することだから、新型ヴォクシー&新型ノアとセレナは安全性に配慮したボディ形状ともいえるだろう。

【トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア vs 日産 セレナ 座り心地対決】

トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド
トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッドトヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド

1列目シートの座り心地は両車ともに互角。セレナは座面後方の沈み方が少し大きめだが、クせのある座り心地ではない。対する新型ヴォクシー&新型ノアの1列目シートは、肩まわりのサポート性も相応に優れて快適に座れる。

2列目シートは、ミニバンにとって快適性が重視されるため、両車とも造り込みは入念だ。座面の奥行は十分に確保され、座り心地にもボリューム感がある。新型ヴォクシー&新型ノアは2列目がベンチタイプの「8人乗り」とセパレートタイプの「7人乗り」が用意されているが、どちらを選んでも座り心地に大きな差はない。

ただし、新型ヴォクシー&新型ノアの「ハイブリッド」には注意したい。1列目の下側に駆動用のニッケル水素電池が搭載されるため、2列目に座った同乗者の足が収まりにくいからだ。快適に座るには、ノーマルエンジン車に比べてスライド位置を後方に移動させる必要があり、3列目の足元空間は狭まってしまう。

日産セレナ日産セレナ

そして、3列目シートの居住空間はどうだろうか。ここでは条件を合わせるために、新型ヴォクシー&新型ノアは2リッターのノーマルエンジン車でチェックしてみよう。身長170cmの大人6名が乗車すると考えて、新型ヴォクシー&新型ノア、セレナともにドライバーズシートは運転姿勢を最適に合わせた。さらに、2列目に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ分に調節し、2列目の乗員に窮屈感を生じさせないようにした。

この状態で3列目に座ると、新型ヴォクシー&新型ノア、セレナともに膝先空間は握りコブシ2つ少々。寸法的には同程度だが、床と座面の間隔は新型ヴォクシー&新型ノアに若干の余裕が見られる。また新型ヴォクシー&新型ノアは、3列目に座る乗員の足が2列目の下側に収まりやすい。

以上のような造り込みの違いにより、3列目の居住性は新型ヴォクシー&新型ノアがわずかに上まわった。

ちなみにステップワゴンの3列目の足元空間は同程度だが、床下格納を採用したからバックレストの下側が硬い。座り心地も考えると、新型ヴォクシー&新型ノアの居住性はセレナとステップワゴンに勝る。

【トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア vs 日産 セレナ シートアレンジ対決】

トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド
トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド日産セレナ

次はシートアレンジを比べたい。

セレナはシートアレンジが豊富で、2列目の中央部分を1列目までスライドさせると収納ボックスとして使える。2列目の左側には、左右方向のスライド機能も設けた。使うか否かを別にすれば、新型ヴォクシー&新型ノアよりもセレナの方が車内機能は凝っている。

一方、新型ヴォクシー&新型ノアについては、シートアレンジを実用指向に絞り込んだ。

2列目がセパレートタイプとなる「7人乗り」は、2列目に左右方向のスライド機能が与えられ、大きく後方に寄せることも出来る。足元空間が大幅に広がるわけだ。

「8人乗り」については2列目の座面が持ち上がり、前方に大きく寄せられる。2名以内で乗車する時、3列目の折り畳み機能と併用すれば、車内の後部にボックス状の広い荷室を確保できる。

さらに先代型と同様、3列目がレバー操作だけで跳ね上がることも新型ヴォクシー&新型ノアのメリットだ。セレナも軽く持ち上がるが、レバー操作だけで畳めるわけではない。

ただし、新型ヴォクシー&新型ノアは高い位置に跳ね上がるので、荷室のサイドウィンドウが機能しなくなる。セレナは低い位置で畳めるから、斜め後方の視界を確保しやすい。

トヨタ 新型ノアハイブリッドトヨタ 新型ノアハイブリッドトヨタ 新型ノアハイブリッドトヨタ 新型ノアハイブリッドトヨタ 新型ノアハイブリッド
日産セレナ日産セレナ日産セレナ日産セレナ日産セレナ

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

トヨタ ノア 関連ページ

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21