autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 人気ミニバンのリセールバリュー対決!【ヴォクシーvsセレナvsステップワゴン】 2ページ目

特別企画 2015/7/29 13:55

人気ミニバンのリセールバリュー対決!【ヴォクシーvsセレナvsステップワゴン】(2/3)

人気ミニバンのリセールバリュー対決!【ヴォクシーvsセレナvsステップワゴン】

まずは「新車からの残存率」を高年式の2012年式で比べる

車種とグレードは、ヴォクシーZS煌II、ステップワゴンスパーダZクールスピリット、セレナハイウェイスターVセレクションで、年式は2012年(平成24年)式と2010年(平成22年)式のデータを掲載した。

モデルとしては、ヴォクシーとステップワゴンは先代型、セレナは2010年式は先代型、2012年式は現行型だ。表組の内容は、左側から年式、各車種&グレードの年式別新車価格、使用期間(年数)、中古車の走行距離と並ぶ。

ホンダ ステップワゴンスパーダ

さらに表の右側の中心取引価格とは、業者間で取引される時の価格を示す。売却時にユーザーが受け取る金額はもう少し低いが、リセールバリューの比較は成り立つ。

新車からの残存率とは、新車価格に占める中心取引価格の比率だ。「中心取引価格÷新車価格=新車からの残存率」で算出される。新車からの残存率が高いほど、リセールバリューが優れている。

毎月の償却額とは、価値を下げた金額を月割りにしたもの。「新車価格-中心取引価格÷使用期間=毎月の償却額」になる。要はその車両を所有するために、月々どの程度の金額を負担したか(税金や保険料は除く)を示している。

それでは「新車からの残存率」を高年式の2012年式で比べよう。走行距離が3万km/5万kmで見ると、ステップワゴンが73%/61%、ヴォクシーが72%/66%、セレナが65%/60%になる。

この比較で興味深いのは、3万kmのトップはステップワゴンの73%だが、5万kmはヴォクシーの66%になること。ヴォクシーは3/5万kmの残存率の差が6%にとどまる。ステップワゴンの12%に比べると少ない。これは中古車価格の経年による値落ちが少ないことを示している。

もっとも、セレナも65/60%に下がりながら、5%の違いに収まる。セレナは中古車市場における流通台数も多く、3万kmでも70%を超えないが、人気車であることは確かだ。そしてヴォクシーとステップワゴンはさらに好条件で売却できる。

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

日産 セレナ 関連ページ

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29