autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【新旧比較】「トヨタ ヴォクシー&ノア」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 4ページ目

特別企画 2014/4/8 20:26

【新旧比較】「トヨタ ヴォクシー&ノア」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(4/4)

【新旧比較】「トヨタ ヴォクシー&ノア」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

グレード構成&価格設定

トヨタ 旧型ノア
トヨタ 旧型ノアトヨタ 旧型ノア

旧型には2列シートのグレードがあった。荷室に装着された3枚のボードを活用することで、車内の後部に棚を作ったり、2列目のリクライニングと併用すればベッドのようにアレンジできた。「車中泊」にも使いやすいグレードだったが、新型では削られている。

その代わり新型はハイブリッドを加えた。ノーマルエンジンのエアロパーツ装着車は、旧型と同様に設定されている。

価格は少し高まったと思えるが、装備の充実を加味すれば、実質的に値上げはしていない。

なお、新型のハイブリッドは、装備差を補正してノーマルエンジン車よりも34万円ほど高い。実質価格差を燃料代の差額で埋めるには、約8万kmを走る必要がある。走行距離に応じて選びたい。

新型の進化度数:6点/10点 (順当に進化した)

旧型と比べて分かった新型の総合評価

トヨタ 新型ヴォクシートヨタ 新型ヴォクシー

旧型に比べると、低床化と全長を拡大した効果が大きい。3列目の居住性と乗降性は格段に向上している。走行安定性と乗り心地のバランスが高まったこともメリットだ。1年間の走行距離が1.5万km以上のユーザーには、ハイブリッドの設定も魅力だろう。2列仕様の廃止などがあったものの、最近の新型車の中では進化の度合いが大きい。

セレナとステップワゴンという明確なライバル車があり、旧型が負けている機能も多かったので、必然的な進化でもあった。いずれにしろ、買い得なミニバンに成長している。

新型の総合的な進化度数:8点/10点 (大幅に進化した)

トヨタ ヴォクシー/ノア進化度数早見表

ボディスタイル&サイズ

5点

内装のデザイン&居住性

9点

動力性能

5点

走行安定性

7点

乗り心地

3点

快適&安全装備

3点

燃費性能

6点(ノーマルエンジン)

10点(ハイブリッド)

グレード構成&価格設定

6点

総合的な進化度数

8点

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

トヨタ ノア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23