autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート G’sシリーズ初の「2代目モデル」/トヨタ 新型 ヴォクシー・ノア「G’s」試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2016/7/1 17:12

G’sシリーズ初の「2代目モデル」/トヨタ 新型 ヴォクシー・ノア「G’s」試乗レポート(3/4)

G’sシリーズ初の「2代目モデル」/トヨタ 新型 ヴォクシー・ノア「G’s」試乗レポート

尖ったチューニングモデルではなく、理想の「ノーマル(普通)」である

トヨタ 新型 ヴォクシー・ノア「G’s」試乗レポート/山本シンヤトヨタ 新型 ヴォクシー・ノア「G’s」試乗レポート/山本シンヤ

ただ、2代目ヴォクシー・ノア「G’s」の走りはいい意味で“普通”である。

最近のミニバンのレベルも高くなっているものの、全高の高さによるコーナリングの怖さやドライバーの操作に対する応答性や高速走行時の安定感などは乗用車に比べると不利なため、スムーズに走らせるにはドライバーは余分な動きを出さない丁寧な運転を要求する。だがG’sは「ミニバンであることをあまり意識させない」走りなのである。

ステアリングを切れば切っただけシッカリと応答するし、タイヤの状況も的確に伝えてくれる。ロールもいきなりグラっと来るのではなくジワーッと一定なのでコーナリング時の恐怖感も少ないし、タイヤも路面にシッカリ追従しながら路面にピターっと張り付いている感覚だ。

つまり、より人の感覚にマッチしたチューニングになっているのだ。

「パパ、運転上手くなった?」と言われちゃう!?

トヨタ 新型 ヴォクシー・ノア「G’s」試乗レポート/山本シンヤ

体幹を鍛えたボディとサスペンション、タイヤ&ホイールや空力アイテムの相乗効果なのだが、どこかのアイテムが主張するわけではなく、運転が楽になるだけでなく同乗者とっても不安な感じが減っているので、「パパ、運転上手くなった?」と思ってもらえるだろう。

全体のバランスがよく、その味付けもいい塩梅な調律は、ノーマルの良し悪しを知るワークスならではと言える部分だ。

そう思うと、クルマ好きにとっては『理想のノーマル』と言える存在かもしれない。

>>トヨタ ヴォクシー・ノア「G’s」画像ギャラリー

アシは「しなやかな硬さ」

トヨタ 新型 ヴォクシー・ノア「G’s」試乗レポート/山本シンヤ

確かに18インチの45タイヤを履いていることもあり、路面の凹凸に対してはノーマルよりもコツコツ来る部分はあるものの、決して不快ではなく「しなやかな硬さ」。

ただ、タイヤの空気圧に対して若干センシティブなほうで、元気に走って内圧が上がるとやや突き上げも気になったシーンも。だから空気圧管理は慎重にしたほうがいい。逆を言えば、そんな細かいことでクルマの走りの違いも解ると言うことを意味している。

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

トヨタ ノア 関連ページ

トヨタ エスクァイア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20