autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【速報】トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア(ハイブリッド) 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2014/2/7 18:43

【速報】トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア(ハイブリッド) 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/4)

【速報】トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア(ハイブリッド) 試乗レポート/渡辺陽一郎

ハイブリッドモデルは“新型ヴォクシー&新型ノアの上級エンジン”ともいえる

トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り] 試乗イメージ2トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り] 試乗イメージ3

まずは、今回のフルモデルチェンジの華である新型ヴォクシー&新型ノアのハイブリッドモデルだ。

動力性能は基本的にプリウスと同じだが、新型ヴォクシー&新型ノアの車両重量が300kg近く重い。なのでモーター駆動による発進時などは動きが若干鈍く感じるが、300kgの重量増加までは意識させない。

普通に加速しても時速30km付近まではモーター駆動を保ち、エンジンが始動する。

エンジン始動時のノイズ増加もさほど気にならず、次ページで後述する(騒々しく感じる)ノーマルエンジンに比べて上質だ。巡航時に軽くアクセルを踏み増した時は、反応の素早いモーターの駆動力が立ち上がり、滑らかに速度を上昇させる。動力性能をノーマルエンジンに当てはめれば、2.2リッタークラスの印象だ。

ハイブリッドは“新型ヴォクシー&新型ノアの上級エンジン”ともいえるだろう。低燃費だけがメリットではない。

装着していたタイヤは、前述の標準タイプと同じで15インチになる。

指定空気圧も240kPaで等しい。車両重量が50kgほど増えた分だけ少しマイルドだが、やはり硬さは意識させる。走行安定性は背の高いミニバンとしては良好だ。

トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]
トヨタ 新型ヴォクシーV [7人乗り]<ハイブリッドモデル>トヨタ 新型ヴォクシーV [7人乗り]<ハイブリッドモデル>トヨタ 新型ヴォクシーV [7人乗り]<ハイブリッドモデル>トヨタ 新型ヴォクシーV [7人乗り]<ハイブリッドモデル>トヨタ 新型ヴォクシーV [7人乗り]<ハイブリッドモデル>

キメの細かい造り込みで居住性アップ

居住性については低床化で床と座面の間隔が増し、座り心地と空間効率を向上させている。1列目のシートはサイズも十分に確保されて快適。

2列目も同様だ。2列目にはセパレートタイプの7人乗りとベンチタイプの8人乗りを設定し、基本的には同等の座り心地だが、7人乗りの方が腰の包まれ感は少し強まる。

そして先代型と比べて最も居住性を高めたのが3列目。全長を標準ボディで100mm伸ばしたから足元空間が広がり、床と座面の間隔も55mm増したから膝を抱える着座姿勢が解消された。

2列目に比べると座り心地のボリューム感が乏しく、座面の前方をもう少し持ち上げると大腿部がしっかりと支えられてさらに快適になるが、3列目の優れた格納性を考えれば不満はない。

3列目に座る乗員の足が2列目の下側に収まりやすいように配慮するなど、キメの細かな造り込みも居住性を高めている。

トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]
トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]トヨタ 新型ノアハイブリッド G [7人乗り]

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

トヨタ ノア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27