autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【速報】トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア(ハイブリッド) 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2014/2/7 18:43

【速報】トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア(ハイブリッド) 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/4)

【速報】トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア(ハイブリッド) 試乗レポート/渡辺陽一郎

国内販売の重要な柱となる、新型ヴォクシー&新型ノアに試乗!

トヨタ 新型ヴォクシー、新型ノア

2014年4月に消費税率が8%になれば、高額商品のクルマは販売の落ち込みが懸念される。そこで2013年の後半から、東京モーターショーの出品も含めて新型車が続々と登場した。

その中でも特に注目されるのが、トヨタの人気ミニバン、新型ヴォクシー&新型ノアだろう。居住性から走行性能まで、さまざまな機能を向上させた。

最近は「ダウンサイジング」という言葉にも示されるように、比較的価格の安い軽自動車やコンパクトカーが売れ筋だ。メーカーやディーラーが受け取る1台当たりの粗利は、以前に比べると大幅に下がった。

トヨタ 新型ヴォクシー、新型ノア

なので今の販売動向を考えても、価格が高めのミドルサイズミニバンは重要な収入源。国内販売の柱を強化すべく、新型ヴォクシー&新型ノアでは、特に力の入った開発が行われている。

新型ヴォクシー&新型ノアの概要は、2014年1月20日に掲載した「トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア(ハイブリッド)新型車解説」、2月4日に掲載した「トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア vs 日産 セレナ どっちが買い!?徹底比較 」をご一読いただきたい。ここでは最新の試乗記をお伝えする。

待ち望まれる、ハイブリッドのエアロ仕様と衝突回避の支援機能

トヨタ 新型ヴォクシー ZS [8人乗り]<ガソリンエンジンモデル>

走行性能を左右するエンジンには、直列4気筒の2リッターによるノーマルタイプと、1.8リッターをベースにしたハイブリッドがある。ハイブリッドは新型で初めて設定されたので、注目度もひときわ高い。

ボディは新型ヴォクシー&新型ノアともに、5ナンバーサイズに収まる標準タイプと、3ナンバーサイズになるエアロパーツを備えた仕様がある。

トヨタ 新型ヴォクシー ZS [8人乗り]<ガソリンエンジンモデル> 試乗イメージ3

標準タイプにはノーマルエンジンとハイブリッドの両方を設けたが、エアロパーツを備えたグレードは、ノーマルエンジンのみでハイブリッドは選べない。

理由は燃費と動力性能だ。車両重量がノーマルボディに比べて30kgほど重く、タイヤサイズも標準タイプの15インチに対してエアログレードは16インチだから、転がり抵抗も増える。ハイブリッドシステムに対する負荷が大きいため、エアログレードはノーマルエンジンのみになった。

ただしこのグレード構成は、将来見直される可能性が高い。ユーザーやディーラーから、「エアロパーツを備えたハイブリッドが欲しい」という要望が強く寄せられているからだ。

トヨタ 新型ヴォクシー ZS [8人乗り]<ガソリンエンジンモデル>

近年一気に注目が集まっている衝突回避の支援機能も、今は新型ヴォクシー&新型ノアには設定がない。これも当然ながら開発中。エアロパーツを備えたハイブリッドと併せて、追加設定されるだろう。

ライバル車のホンダ「ステップワゴン」が2014年の秋にフルモデルチェンジされ、燃費性能の優れた小排気量ターボを搭載するともいわれるので、ヴォクシー&ノアも機能の向上で対抗するはずだ。ハイブリッドのエアロ仕様と衝突回避の支援機能は、ヴォクシー&ノアの強力なテコ入れ策になるだろう。

裏を返せば、現時点でヴォクシー&ノアを急いで購入するのはあまり得策ではないとも言える。車検切れのタイミングなどの理由が無い限りは、そのあたりを考慮してからでも遅くは無いだろう。

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

トヨタ ノア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25