autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】トヨタ 新型 ヴィッツ[2014年4月マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2014/5/13 11:52

【試乗】トヨタ 新型 ヴィッツ[2014年4月マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/4)

関連: トヨタ ヴィッツ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
【試乗】トヨタ 新型 ヴィッツ[2014年4月マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎

新型1.3リッターエンジン搭載で25.0km/Lの低燃費をマークした「ヴィッツ 1.3F」

トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD) 試乗レポート/渡辺陽一郎 2トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[内装色:アイボリー]

新型ヴィッツ、まず最初に取材したのは、買い得かつ売れ筋になる直列4気筒の「1NR-FKE」型1.3リッターエンジンを搭載した「ヴィッツ 1.3F」(145万145円)だ。今の1.2~1.3リッターエンジンを積んだコンパクトカーの買い得グレードは、135~145万円前後に設定され、ヴィッツ 1.3Fもこの価格帯に収まる。

最も注目される変更点は、新開発された1.3リッターエンジンだ。先進の低燃費技術を組み合わせて、JC08モード燃費は25km/Lに達する。購入時に納める自動車取得税や同重量税も免税になる。

1.3リッターエンジンの動力性能は従来型と比べて大差ないが、車両重量が1000kgと軽く加速力は十分。最大トルクの発生回転数が従来の4000回転から4400回転に高まり、若干高回転指向になったが、実用域で不満を感じることはない。5000回転付近に達すると、CVT(無段変速AT)の変速操作もあって回転上昇は伸び悩むが、1.3リッタークラスのコンパクトカーとしては軽快に加速する。

エンジンノイズは登坂路では大きめに感じるが、以前に比べると粗い印象の透過音は抑えられた。平坦路を走る分には耳障りに感じる心配はなく、エンジンは性能と感覚的な両面で満足できる。

トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[ボディカラー:ルミナスイエロー]トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[ボディカラー:ルミナスイエロー]トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[ボディカラー:ルミナスイエロー]トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[ボディカラー:ルミナスイエロー]トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[ボディカラー:ルミナスイエロー]

マイナーチェンジ前の乗り心地の荒さは随分と改善されたが・・・

トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[ボディカラー:ルミナスイエロー]

マイナーチェンジでは、冒頭で述べた乗り心地も改善された。対策としては、ボディのスポット溶接の箇所を増やしている。リアドアの開口部、ボディの底に位置する骨格などを入念に補強した。ボディの底面に装着された補強材は、4点締めにして従来以上に強固にしている。要はボディの振動や捩れ(ねじれ)を抑えることで、乗り心地の改善を図った。これらの補強はすべてのグレードに施され、ショックアブソーバーも改良を受けている。

その結果、乗り心地の粗さはかなり払拭された。特に差が大きいのは、売れ筋の1.3Fを含めた14インチタイヤ装着車だ。先代型は発進直後に違和感を抱くほど路面上の細かなデコボコを伝えたが、マイナーチェンジ後はさほど気にならない。

トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[内装色:アイボリー]トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[内装色:アイボリー]トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[内装色:アイボリー]トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[内装色:アイボリー]トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[内装色:アイボリー]
トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD)[ボディカラー:ルミナスイエロー]

ただし、快適と評価できる水準には達していない。

タイヤサイズは同じ14インチでも「165/70R14」が「175/70R14」に変わり、銘柄は従来と同じブリヂストンエコピアEP25ながら新開発になる。それでも重視したのは転がり抵抗の低減だ。今でも1.0リッターモデルは「165」を履くが、これよりも太めの「175」の方が転がり抵抗は小さい。そして指定空気圧は、前輪が250kPaで後輪が240kPaと高い。ボディの造り込みが入念になり、サスペンションの動きにも粗さが取れたが、タイヤの硬さだけは相変わらず残った。

もっとも、このような傾向はライバルのホンダ フィット 13G・Fパッケージなどにも見られ、「燃費重視のコンパクトカーとしては」という但し書きを付ければ、悪くない乗り心地になっている。

トヨタ 新型 ヴィッツ 1.3F(2WD) 試乗レポート/渡辺陽一郎 7

ボディ補強の効果で走行安定性は良好だ。もともとヴィッツは全高を1500mmに抑えて走行安定性で有利だったが、補強を加えたことで操舵感が正確性を増した。コーナーでも旋回軌跡を拡大させにくく、危険回避時などにおける後輪の接地性も良い。旋回中に突起を乗り越えた時、進路が乱される傾向も弱まり、全般的に安心感を高めた。

[次ページへ続く]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴィッツ の関連記事

トヨタ ヴィッツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴィッツ の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴィッツ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/17~2017/12/17