autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]試乗レポート/今井優杏 2ページ目

試乗レポート 2013/7/9 20:27

GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]試乗レポート/今井優杏(2/3)

関連: トヨタ ヴィッツ Text: 今井 優杏 Photo: 茂呂幸正
GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]試乗レポート/今井優杏

スポーティないでたちは伊達じゃない!

GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ] 試乗レポート4

韋駄天を自負するだけあって、GRMN ヴィッツ ターボのボディサイズは3945mm(ヴィッツ RS比較+15mm)x全幅1695mm(ヴィッツ RS比較±0)x全高1490mm(ヴィッツ RS比較-10mm)、フロントトレッド1465mm(ヴィッツ RS比較+5mm)、リアトレッド1455mm(ヴィッツ RS比較+10mm)と、“ロー&ワイド”化され、数字でもわかるスポーツカーチューンがなされている。

もちろんその名の通りターボ搭載車であるからして、最大出力は40%アップの112kW、最大トルクも約50%アップの206N・mとさすがの数字。しかもタービンを新開発したというから本気が伺える。

またクリアなハンドリングを実現するためにボデー(トヨタ式呼称)の床下補強もスポット増し+ブレース追加という形で行われているし、バンパーカバーを15mm上げ、バネレートを下げて荷重も10mm下げ、よりフレキシブルかつ固められたアシ周りを実現している。

GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]GRMN Vitz(ヴィッツ) Turbo[プロトタイプ]GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]

ブレーキの出来栄えに自信

GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]

さらに「相当気合いを入れました」と開発陣が自信を覗かせるのがブレーキで、フロントは4ポッド対向キャリパーに専用パッドを備え、リアも専用パッドを採用した。 タイヤは17インチにBBS製専用ホイール。16インチのRSよりもインチアップしているに関わらず7~8kgの軽量化。

さらに言うならドライブシャフトも14インチから15インチに径を上げている(もっと言うならアブソーバーの内部部品も変更されていたりフットレストが追加されていたり……こだわりすぎて枚挙に暇がないのだった)。

GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]

レクサス IS Fスポーツと同様の工法で造られた専用シート

GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]

内装にもGRMNらしいこだわりは随所にちりばめられ、ドアを開けた瞬間にイメージカラーとなる赤×黒のコントラストが鮮烈に目に入ってくる。

サポートが高めの専用スポーツシートはなんと先日発売されたばかりの「レクサス IS」の、なかでもFスポーツにのみ採用されている表皮一体発泡を用いたスポーツシートが採用されていて、これがなかなかに心地よい。

硬すぎるフルバケットではないので、普段のクルージングでも充分に快適なのはさすがレクサスクラスのシート。元々のおもてなしレベルが違うんである。

GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]GRMN ヴィッツ ターボ[プロトタイプ]

トヨタ ヴィッツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴィッツ の関連記事

トヨタ ヴィッツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴィッツ の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴィッツ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24