autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ ヴィッツ 新型車徹底解説 4ページ目

新型車解説 2005/2/1 12:34

トヨタ ヴィッツ 新型車徹底解説(4/6)

トヨタ ヴィッツ 新型車徹底解説

広くなった前後シートピッチと自由度の増えた調整機構

先代に比べて前後シートピッチは45mmも拡大されている。室内長はグレードによって異なるが、ほぼ同一レベルの拡大となる。全長が110mm延長されているため、室内長の延長によってラゲッジルームが圧迫されているということはない。また、新しいプラットフォームの採用によって実質上の広さも拡大している。とくにFFモデルはトンネルのないフロアとすることで、リヤシート床面がフラットとなり、足をゆったりと置けるように設計されている。

フロントシートは前後のスライド調整量を15mm拡大し240mmとしている。またドライバーズシートは45mmの調整幅をもつシートリフター(従来比15mm拡大)、35mm調整可能なチルトステアリングを装備。さらにUグレードはコンパクトモデルとしては珍しくテレスコピック機構までを備える。

リヤシートは3つのタイプがある。UのFF、X、1.3FのFFは6対4分割リクライニング&スライド機構付き。U&1.3Fの4WDはスライドレスの6対4分割リクライニング、そのほかは一体リクライニングとなる。

トヨタ ヴィッツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴィッツ の関連記事

トヨタ ヴィッツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴィッツ の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴィッツ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18