autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ ヴィッツ 新型車徹底解説 2ページ目

新型車解説 2005/2/1 12:34

トヨタ ヴィッツ 新型車徹底解説(2/6)

トヨタ ヴィッツ 新型車徹底解説

ホイールベースを延長し全幅も5ナンバぎりぎりまで拡大

今回の2代目ヴィッツは全幅を1695mmと5ナンバーぎりぎりまでサイズアップしてきた。また、ホイールベースも90mmの延長、ボディ全長は110mmの延長を受けた。

ボディ延長のほうがホイールベース延長に比べて20mm長く、これはオーバーハングの拡大につながる。しかし単純にオーバーハングを拡大したわけではなく、フロントは逆に10mmの短縮が行われた。つまり、リヤのオーバーハングのみ30mmの延長を受けている。全幅は先代モデルに比べるとじつに35mmもの拡大。これにともないトレッドは30mmの拡大を受けた(標準的な165/70R14タイヤ装着時)。

初代ヴィッツも曲面を多用したボディデザインを採用していたが、どちらかといえば機能重視のものだった。しかし2代目はくっきりとしたプレスラインを入れるなど、グッと高級感の増したものへと変わっている。最近のクルマ造りの傾向としてドアハンドルをグリップタイプに変更することが多いが、ヴィッツもこの例に漏れることなく、ドアハンドルをグリップ化している。

トヨタ ヴィッツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴィッツ の関連記事

トヨタ ヴィッツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴィッツ の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴィッツ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27