autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ アルファードハイブリッド・ヴェルファイアハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2012/1/23 19:18

トヨタ アルファードハイブリッド・ヴェルファイアハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

トヨタ アルファードハイブリッド・ヴェルファイアハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎

上質な運転感覚と、時折見せる3リッタークラス並の動力性能

ヴェルファイアハイブリッド 走行イメージアルファードハイブリッド 走行イメージ

気になる燃費性能は、アルファードハイブリッド・ヴェルファイアハイブリッド共にJC08モードで「17km/L」(車両重量が2,110kg以上の仕様は16.2km/L)。10・15モード燃費は車両重量にかかわらず「19km/L」だ。

エスティマハイブリッドが18km/Lと20km/Lだから、それぞれ1km/L下まわるが、車両重量も100kg以上重い。

1.5リッターエンジンを積んだコンパクトカー、あるいはフーガハイブリッドと同等の燃費性能と思えば、十分に納得できるのではと思う。モーター駆動のみで走れる「EVドライブモード」なども設定され、ハイブリッドのメリットが味わえる。

アルファードハイブリッド・ヴェルファイアハイブリッドに試乗して感じた動力性能は、ノーマルタイプの2.4リッターとV型6気筒3.5リッターの中間的な位置付け。排気量でいえば2.7リッタークラスだが、走行状況によって印象が少し変わる。

巡航時にアクセルを軽く踏み増した時などは、即座にモーターが反応してエンジンをサポート。3リッタークラス並の動力性能を感じる。しかし高回転域の伸びはさほど活発ではなく、アクセルを踏み込んだ時は2.7リッタークラスだ。

それでも2トンを軽く超える車両重量ながら、力不足は感じない。エンジンノイズも直列4気筒ながら小さく抑えられ、上質な運転感覚を味わえる。

ヴェルファイアハイブリッド

その半面、コーナーではボディの重さを意識する。装着されるタイヤが215/65R16(試乗車はトーヨートランパスR30を装着)ということもあるだろう。

車両重量とのバランスを考えると、もう少し扁平率が低いタイヤを選ぶ手もある。開発者によれば「18インチなども考慮したが、車両重量を無理なく支えるにはこのサイズになった」と言う。それでも重量級のLサイズミニバンを大人しく走らせる分には、16インチタイヤは快適だ。

実際、ノーマルエンジンを搭載した18インチタイヤ装着車は、やや芯のある硬さを感じる。

ボディの重い3.5リッターなら許容範囲だが、2.4リッターだと粗さも目立つ。その点、16インチタイヤを履いたヴェルファイア&アルファードハイブリッドなら、硬さはまったく感じない。路面のデコボコをしっかり吸収する。

ヴェルファイアハイブリッド インパネヴェルファイアハイブリッド メーターヴェルファイアハイブリッド フロントシートヴェルファイアハイブリッド 2列目シートヴェルファイアハイブリッド 3列目シート
アルファードハイブリッド インパネアルファードハイブリッド メーターアルファードハイブリッド フロントシートアルファードハイブリッド 2列目シートアルファードハイブリッド 3列目シート

トヨタ ヴェルファイアハイブリッド 関連ページ

トヨタ アルファードハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴェルファイアハイブリッド の関連記事

トヨタ ヴェルファイアハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴェルファイアハイブリッド の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴェルファイアハイブリッド の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23