autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 トヨタ ヴェルファイア グレード比較 3ページ目

新車グレード比較 2009/6/23 10:00

トヨタ ヴェルファイア グレード比較(3/6)

関連: トヨタ ヴェルファイア Text: 松下 宏 Photo: トヨタ自動車株式会社
トヨタ ヴェルファイア グレード比較

トヨタ ヴェルファイア グレード比較 3.5V(Lエディション)

ヴェルファイアの上級グレードとなるのが「3.5V」。

3.5Zでは、標準のエアロパーツが装備されずタイヤサイズも17インチになるが、オプションのデュアルパワースライドドアが標準で装備されるのを始め、運転席8ウェイパワーシート、マイコンプリセットドライビングポジションシステムなど、上級グレードならではの充実した快適装備が用意される。

3.5Vの快適装備は、3.5ZでもGエディションを選べば標準で装備されるものも多いが、内装の仕様などは3.5V専用のものが用意されている。

3.5Vは3.5Zに対してタイヤサイズが1インチ小さくなることから、最小回転半径も3.5Zが5.9mであるのに対し、3.5Vは5.7mといくらか取り回しが良くなる。

ツインムーンルーフヴェルファイア エグゼクティブパワーシート(7人乗り)

3.5V Lエディションは、ヴェルファイアの最上級グレードとなるモデルで、ツインムーンルーフ、パワーバックドア、本革シート、7人乗り専用のエグゼクティブシートなどが標準で用意されている。

ツインムーンルーフは、ほかのグレードでもオプション装着することが可能だが、本革シートはLエディションだけの装備なので、本革シートが欲しい人は3.5V Lエディションを選ぶことになる。

価格は2WD車でも450万円と相当に高いし、カーナビなどをオプションを装着すると軽く500万円を超える。

トヨタ ヴェルファイア グレード比較 3.5X

3.5Lエンジンを搭載したベースグレードとなるのが「3.5X」だ。

エアロパーツは装着されず、タイヤは最も小さい16インチになるが、3.5Vや3.5V Lエディションに用意されるような豪華な快適装備の設定はなく、3.5Z並みの実質装備となる。

といっても、300万円を超える高級車なので、快適装備の充実度はとても高いレベルにある。

また、安全装備もひと通りのものが用意されている。

X系グレードの具体的な装備内容は、2.4Xの項目で詳しく紹介しているのでそちらを参照頂きたい。

3.5Vにあって3.5Xには装備されないのは、バックドアイージークローザー、本革巻きステアリングホイール&シフトレバー、排気ガス検知式内外気自動切り換えシステム、スライド式コンソールボックス、ドアカーテンランプ、イルミネーテッドエントリーシステム、パワーシートなど。

これらの違いによって30万円ほど価格が安くなるが、3.5Lエンジンの搭載車を買うなら、充実装備のグレードを選びたいところ。このあたりが微妙な選択になる。

なお、3.5Xはほかのグレードと違って8人乗り仕様だけの設定で、7人乗り仕様の設定はない。

トヨタ ヴェルファイア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴェルファイア の関連記事

トヨタ ヴェルファイアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴェルファイア の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴェルファイア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22