autoc-one.jp 記事・レポート 特集 日本にない日本車 日本にない日本車 ~新興国専用ミニバン「トヨタ イノーバ・アバンザ」~ 2ページ目

日本にない日本車 2014/6/26 09:59

日本にない日本車 ~新興国専用ミニバン「トヨタ イノーバ・アバンザ」~(2/4)

関連: トヨタ タウンエースバン , トヨタ ライトエースバン Text: 桃田 健史 Photo: トヨタ自動車・桃田健史
日本にない日本車 ~新興国専用ミニバン「トヨタ イノーバ・アバンザ」~

日本に馴染みの薄い「IMV」からの派生車

東南アジアを巡っていると、日本とはやや違うが、ミニバン文化が着実に育っているように感じる。

その代表例が「イノーバ」と「アバンザ」。

東宝映画や円谷プロの怪獣の名前のようだが、この2台はれっきとしたトヨタブランドの人気車だ。

トヨタ フォーチュナー

トヨタが2002年、新興国向けの世界戦略車として開発したのが、IMV(インターナショナル/イノベーティブ・マルチパーパス・ヴィークル)だ。

ざっくり言えば、ピックアップトラックのラダーシャーシ(モノコックではなく、シンプルな井型/ハシゴ型形状の車体)を使って、トラック、SUV、ミニバンなど多彩なラインアップを効率的に作るための考え方だ。

これを、東南アジア、南米、中東、アフリカ等、世界150ケ国近くの新興国と経済発展後進国で販売している。生産地は、ベネズエラ、アルゼンチン、南アフリカ、エジプト、台湾、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、そしてベトナムと、まさに世界各地に及ぶ。

現在のIMVのラインアップでは、ピックアップトラックが「ハイラックス・ヴィーゴ」、SUVが「フォーチュナー」、そしてミニバンが「イノーバ」だ。

アジアで人気のミニバン「イノーバ」

「イノーバ」の車体寸法(タイ仕様)は、全長x全幅x全高=4585mmx1775 mmx1760mm。ホイールベースは2760mm。

外観デザインはけっして派手さはなく、多くの人に親しんでもらえるような「ほんわり」とした雰囲気だ。文化、宗教、人種が違う国々の、最大公約数を見つけ出すのは至難の業だ。

パワートレインはタイの場合、2.0リッター 直4「1TR-FE」(136ps/ 182Nm)。トランスミッションは4ATと5MT。インドネシア等、ディーゼル需要が多い国では2.5リッター 直4ターボ「2KDーFTV」(102ps/200Nm)と5MTの組み合わせだ。

価格はけっこう高く、ベースモデルが86万バーツ(1バーツ=3.15円換算で、約270万円)。IMV派生車の「ハイラックス・ヴィーゴ」が約160万円から、「フォーチュナー」が約347万円からと、新興国の庶民にとっては高級車だ。

80年代の日本を想わせる貨客両用モデル

[日本にない日本車]トヨタ イノーバ(フィリピン・マニラにて)

そんな「イノーバ」だが、実際の使われ方は商用と乗用の中間。日本で考えるなら、80年代に大ヒットした「タウンエース」のようなイメージだろう。

その証拠に、「イノーバ」より高級なミニバンを欲しい人は、タイの場合、「ハイエース」がある。さらにハイルーフ版になると「(ハイエース)コミューター」となる。

こうしたIMV「イノーバ」が通用しない国がある。

トヨタも想定外だった。

その国とは、インドネシアだ。

[次ページへ続く]

トヨタ タウンエースバン 関連ページ

トヨタ ライトエースバン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ タウンエースバン の関連記事

トヨタ タウンエースバンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ タウンエースバン の関連記事をもっと見る

トヨタ タウンエースバン の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23