autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 世界三大レースで真の“お祭り”ル・マン24時間に事件が!今年はトヨタにチャンス到来! 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/5/13 19:35

世界三大レースで真の“お祭り”ル・マン24時間に事件が!今年はトヨタにチャンス到来!(2/2)

関連: トヨタ Text: 山口 正己 Photo: STINGER
世界三大レースで真の“お祭り”ル・マン24時間に事件が!今年はトヨタにチャンス到来!

今年のル・マンはトヨタが勝てない理由が無くなった!

ピットインするTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRIDアウディR18 e-toron quattro

ところが今年は、この理論に当てはまらないことが起きようとしている。新時代といっていいル・マン24時間になりそうなのだ。

去年まで「PTA」のうちPとAは、周到な準備をし、上記の理由で3台体制だった。Tは、その事情を知ってか知らずか、2012年に13年ぶりに復帰してからず~っと2台体制を貫いてきた。貫いたというか、予算の関係で2台しか出せなかった、という方が当たっているかもしれない。

トヨタが勝てない大きな理由がここにある。そして、今年も、トヨタは2台体制を発表し、ガックリしていたところに、ある意味での“朗報”が届いたのである。

2014年に優勝を争うLMPクラスに復活したポルシェ、近年は王者の名をほしいままにしていたアウディも、常に3台を投入。結果としてトヨタの連敗が続いていたのだが、今年、ポルシェとアウディが予算節減の自主規制で、2台体制になることが決まったのである!!これは事件だ!

ここでPTAのうちの“T”にチャンスが到来したことはお分かりだろう。PTAは全社2台体制。トヨタにチャンスが到来した。今年のル・マン、必見なのである。

しかし、実のところ、ポルシェとアウディは、VWグループの中の言わば兄弟であり、となると、2台ずつといいながら、実は“4台”じゃないの?という声も聴こえたりするのだが。

トヨタのトラブルはル・マンに向け、トヨタ陣営が攻め込んだ!?

レース中盤にリタイアするTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRIDスパ・フランコルシャン6時間レースを制したアウディチーム

さて、先週のスパ・フランコルシャン6時間である。予選でポルシェ919 Hybridがバカッ速さを見せて最前列に並び、その後に、T-A-T-Aのグリッドでレースがスタートした。しかし、ポルシェは2台とも、パンクやら周回遅れなどのアクシデントもあったりして後退、中盤からトヨタが順調にリードしていた。

が、2台そろってハイブリッドのエンジントラブルに泣き、アウディR18 e-tron quattroが文字通り漁夫の利を拾った。レースが大荒れだったのは、上位に来るはずのPTA6台(ル・マン以外は6時間レースなので、全チーム2台ずつの参戦)のうち、まともにゴールしたのは優勝したアウディR18 e-tron quattroと2位の満身創痍のポルシェ919 Hybridの2台だけ。

3位は格下のノンハイブリッドのプライベーターのRebellion R-One AERという弱小チームのマシンだった。6時間でこうなるのだ。24時間レースはこの4倍、“なにか”が起きる、ということだ。

スパ・フランコルシャンのレースを前哨戦として眺めると、今年のル・マンの流れが見えてくる。速さではポルシェ919 Hybridが優勢。だからポルシェは、1台をどんどん行かせ、トラブルが出たらもう1台に望みを託す。

アウディとトヨタは、その2台目を相手に見立ててレースを進める、という図式である。ちなみに、スパ・フランコルシャン6時間でトヨタは2台ともビッグトラブルに見舞われ残念ではあったけれど、トラブルが出るのは追い込んだからとも考えられる。つまりル・マンに向けて、トヨタ陣営が攻め込んで来た!ということである。

6月18日スタートのル・マン24時間レースは、お祭りなので24時間ずっと観るのは無理として、時々レースを覗いてみると、お祭りの向こう側に日本企業のあり方と、モーターレーシングの本質が垣間見えたりするかもしれない。

[Text:山口正己]

筆者: 山口 正己
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21