トヨタ 86 トヨタ 新型「86」は進化ではなく“深化”! 登場から5年目で大幅改良!

記事・レポート 特集 自動車評論家コラム トヨタ 新型「86」は進化ではなく“深化”! 登場から5年目で大幅改良!

トヨタ 新型「86」は進化ではなく“深化”! 登場から5年目で大幅改良!

トヨタ 新型「86」は進化ではなく“深化”! 登場から5年目で大幅改良!

開発責任者の多田哲哉氏「全てをやり直した」

2012年の登場から毎年進化・熟成を行なってきたFRスポーツカー「トヨタ86」だが、ニューヨークショー2016でビッグマイナーチェンジモデルが世界初公開された。

86は北米で「サイオンFR-S」として発売されていたが、サイオンブランドの廃止に伴い、今回のビッグマイナーチェンジでトヨタ86にネーミングを変更。これによりワールドワイドで「86(欧州向けはGT86」と呼ばれるようになった。

開発責任者の多田哲哉氏は「全てをやり直しました」と語るが、一番の特徴はエクステリア変更だろう。フロントバンパーはこれまでのシンプルな形状からややアグレッシブな要素が増えたデザインに変更。

これは意匠の変更ではなく、空力特性や冷却性能を引き上げた結果だそうだ。また、86を特徴づけるフェンダーカバーも、空力のために形状を変更。「86」のバッジはフェンダーに取り付けられている。

ヘッドライト、リアコンビランプはLED化されたが、実はこれらも空力に寄与しているそうで、実はリアコンビランプに付くエアロスタビライジングフィンの位置も変更されているのだ。

兄弟車の「スバル BRZ」動向は?

イン