autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2015 『グローバルで活躍するイチローとトヨタの共通点とは』TMS2015にイチローがサプライズ登場!

東京モーターショー2015記事一覧。自動車の祭典、東京モーターショー2015の記事一覧です。東京モーターショー2015で注目された車種やカスタムカー、コンパニオン・キャンギャルなど東京モーターショー2015の華やかな雰囲気を楽しんでください!

モーターショー 2015/11/12 16:04

『グローバルで活躍するイチローとトヨタの共通点とは』TMS2015にイチローがサプライズ登場!(1/2)

関連: トヨタ
『グローバルで活躍するイチローとトヨタの共通点とは』TMS2015にイチローがサプライズ登場!
イチロー選手と豊田章男社長/東京モーターショー2015【トヨタ】

トヨタは、『東京モーターショー2015』の会場において、豊田章男社長によるプレゼンテーションを行った。冒頭では野球に例えた表現を交えながら章男社長自らの思いを語っていた。

「ヒットを打てるかどうかなんてわからない。それでもバッターボックスにたたなければ “ワオ”は起こせない。それを私たちに教えてくれた方がいます。私たちの思いに共感し会場にお越しくださいました」と紹介すると、米国メジャーリーグ(MLB)で活躍するイチロー選手がステージに登場した。

野球に例えた表現でのスピーチは、このスペシャルゲストを迎えるためだったようだ。

イチロー選手/東京モーターショー2015【トヨタ】

イチロー選手はクルマ好きなことを力強く述べるとともに、章男社長(トヨタ)と自身が似ていることをこう説明した。

「ぼくは毎年バッティングフォームを変えている。例え首位打者をとったり、誰よりもヒットを打ったとしても、次の年には変えてしまう。今よりも前に進むためには常に新しいチャレンジが必要だと信じているからです。TNGAという新しいクルマ造りをプリウスからやってきた。それを聞いたときトヨタが大きくバッティングフォームを変えてきたなと思いました。トヨタの首位打者ともいえるプリウスで大胆にフォームを変えてきた。世界は全く違いますが、やっぱり僕とどこか似ている気がします。」

グローバルで戦っており、常に前に進むために取り組んでいるという共通点を持つこの2人のスピーチは胸をアツくさせるものがある。スピーチ(ほぼ全文)と写真でお届けする。

豊田社長のスピーチ(抜粋)

豊田章男社長/東京モーターショー2015【トヨタ】

豊田でございます。

「What wows you?」。「あなたの心を動かすものは何ですか?」。これが今年の東京モーターショーでの、私たちトヨタのキーワードです。

今から約100年前。

T型フォードが登場するまで、アメリカには、人やモノを運ぶために1500万頭の馬がいました。 その後、わずか20年の間に、ほぼ全ての馬がクルマに置きかわったと言います。 なぜ、人々は、クルマを選んだのでしょうか。

いろいろな理由があったと思いますが、馬よりもクルマで移動する方が楽しかったからだと言われています。 クルマの存在そのものが「ワオ」だったのかもしれません。

豊田章男社長/東京モーターショー2015【トヨタ】

そして、今から約80年前。

豊田喜一郎(トヨタ自動車創業者)は、日本人の頭と腕で、国産車をつくりたい。 日本に自動車産業をおこしたい。そんな思いで、トヨタという会社を設立いたしました。

技術力では欧米から何十年も遅れているばかりか、倒産の危機に瀕し、お金もなかったと聞いております。 喜一郎と彼を支えた仲間たちにあったのは、国産車をつくることで、日本という国を豊かにしたい、自分たちの手で、お客様に「ワオ」をお届けしたい、そんな思い、情熱だけだったのではないでしょうか。

時は流れ、今や私たちのお客様は全世界へと広がりました。 世界中のお客様に「ワオ」をお届けすること。 私たちのクルマが走る、世界中の町を、社会を、もっともっと楽しくしていくこと。 それが、私たちトヨタの使命だと思っております。

豊田章男社長/東京モーターショー2015【トヨタ】

今回の東京モーターショーに展示したクルマには、共通点があります。 それは、「もっといいクルマをつくりたい」という思いを胸に、自分たちの考える「ワオ」を形にしようとしたことです。

そして、これは「今の非常識を、次の常識にする」チャレンジでもあります。

ハイブリッドカー、燃料電池自動車。いずれも、かつては「非常識」でした。 「非常識」はやがて「常識」になり、居心地の良い場所となる。 しかし、この居心地の良い場所から抜け出さなければ、「未来」を切り拓くことはできません。

私たちが生きていく中で、「できない」「無理だ」と諦める理由は、いくらでもあります。 しかし、ゼロ打数ゼロ安打では、世の中、何も変わらない。 ヒットを打てるかどうかなんてわからない。 それでも、バッターボックスに立たないと、「ワオ」は起こせない。

それを私たちに教えてくれた方がいます。 本日、私たちの「思い」に共感し、この会場にお越しいただきました。

[イチロー選手毎年バッティングフォームを変える理由とは?…続きは次ページで!]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29

[PR] スペシャルスポンサーリンク

主要出展メーカー・ブランド