autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 実は遅れていない、トヨタの自動運転分野の技術力

自動車評論家コラム 2015/8/26 12:50

実は遅れていない、トヨタの自動運転分野の技術力(1/2)

関連: トヨタ Text: 西村 直人 Photo: トヨタ自動車
実は遅れていない、トヨタの自動運転分野の技術力
歩行者検知機能付衝突回避支援型PCS(Toyota Safety Sense Pに設定)

世界屈指の自動車販売台数を誇るトヨタが、自律自動運転技術の分野でもトップランクの技術力をもっていることは意外に知られていない。それは“より確実に、効率良く”そうした技術を世に送り出せるという確証が得られるまでは、じっくりとしたため育んでいくというトヨタ流が貫かれているからだ。

故に、周囲からは奥ゆかしいとも、じれったいともとられてしまうことがある。しかし、地道な研究開発に裏付された車両や先進技術の多くが市販化され、そして世界各国へと普及が進んでいることも事実だ。

Toyota Safety Sense

2014年11月、トヨタは次世代型の予防安全技術をパッケージング化した2種類の「Toyota Safety Sense」を発表した。

赤外線レーザー+単眼光学カメラ方式の「Toyota Safety Sense C」では5万円という低価格でグローバルカー「カローラ」や、コンパクトカー「ヴィッツ」にも装着可能とし、ミリ波レーダー+単眼光学カメラ方式の「ToyotaSafetySenseP」では歩行者検知機能が付いた衝突被害軽減ブレーキを搭載した。

トヨタはこうした予防安全技術の延長線上に自律自動運転があるとし、各方面の技術開発を行なっている。だとするならば「交通事故死傷者ゼロに向けて」をテーマに実用化された「Toyota Safety Sense」と自律自動運転技術にはどんな関係があるのだろうか。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22