トヨタ シエンタ 内装のデザイン&居住性

記事・レポート 特集 特別企画 内装のデザイン&居住性

トヨタ「シエンタ」の新型と旧型を比較してみた (2/5)

内装のデザイン&居住性

内装のデザイン&居住性

旧型シエンタの登場は2003年だから、12年後に発売された新型と質感の点で差が付くのは当然だ。新型はインパネにステッチ風の処理を施すなど凝っている。

メーターは旧型ではインパネの中央に装着していたが、新型はハンドルの奥側の高い位置に備わる。新型は視線移動を抑えたが、メーターの位置が高いために少し圧迫感が伴う。またシンプルだった旧型のインパネを好むユーザーもいるだろう。

新型を選ぶ時に注意したいのは、オートエアコンを備えた上級の「G」とマニュアルエアコンタイプの「X」では、空調機能だけでなくインパネの質感も異なること。実用的には「X」でも良いが見栄えが劣る。開発者は「販売ディーラーからも、Xにオートエアコンを標準装着して欲しいという要望が寄せられている」と言う。

シートの座り心地はどうか。1列目は旧型に比べるとボリューム感が増して快適になった。体が座面に少し沈んだところでしっかりと支える。背もたれの下側は腰を包む形状でサポート性も良い。床と座面の間隔は旧型を25mm下まわり、着座姿勢をセダンに近付けた。

2列目は、新型では中央にアームレストと収納設備を備えた6人乗り、ベンチタイプの7人乗りを用意した。6人乗りの2列目は、トヨタ「ヴォクシー&ノア」などの完全に分割されたキャプテンシートではなく、中央の形状が異なるだけだ。

座り心地は7人乗りが少し柔軟。6人乗りに備わるアームレストに、角度の調節機能が付かないことも気になる。とはいえ旧型に比べるとサポート性が向上して進化した。

3列目は新旧で機能が根本的に違う。旧型は片手で2列目の下に格納できることがメリットで、シートのサイズは小さかった。新型では3列目を格納するには2列目を持ち上げねばならないが、シートは大幅に拡大された。座面の奥行寸法は、1列目が490mm、2列目は460mm、3列目は420mmと短いが、低床化で床と座面の間隔が増して座り心地は向上した。

1列目から3列目までのヒップポイント間隔は、旧型に比べて10mmしか拡大していない。大人6名の乗車に支障はないが、旧型の全長は新型に比べて135mm短かったから、空間効率は新型になって少し下がったとも受け取られる。

それでも旧型と同様に薄型の燃料タンクが採用され、全高が1700mm以下の小さなミニバンとしてはかなり快適だ。3列目の居住性はトヨタ「ウィッシュ」やトヨタ「プリウスα」を上まわり、トヨタ「アイシス」と同等かそれ以上になる。

新型では床の位置にも注目したい。路面と床の間隔は、スライドドア部分で計測すると、旧型は385mmだったが新型は330mmに抑えた。この低い床面が、新型の乗降性や居住性を向上させている。

進化度数:<