autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート これがトヨタの最先端!今後採用される安全技術を探る/渡辺陽一郎 2ページ目

イベントレポート 2014/11/26 23:26

これがトヨタの最先端!今後採用される安全技術を探る/渡辺陽一郎(2/3)

関連: トヨタ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部/トヨタ自動車株式会社
これがトヨタの最先端!今後採用される安全技術を探る/渡辺陽一郎

赤外線レーザーの欠点を補ってくれる単眼カメラ

「Toyota Safety Sense C」に搭載されているレーザーレーダー+カメラ

一方、「赤外線レーザー+単眼カメラ」は、ヴィッツやアクアといった1.5リッター以下のコンパクトカーを中心に設定する模様だ。赤外線レーザー方式は軽自動車にも幅広く使われ、今では2~4万円程度の価格上昇で装着することが出来る。

ただし、赤外線レーザー方式は短距離しか検知できないという欠点がある。軽自動車の場合、先行車両の検知距離は6~8m。従って作動速度は時速30km以下と低く、先行車両を検知したら警報を発する余裕もなく緊急ブレーキが作動してしまう。

そんな赤外線レーザーの欠点を補うのが単眼カメラだ。単眼カメラが加わると、対象物の形状も含めて把握できる距離が約15mと長くなり、早期に危険を検知して警報を発せられる。なので時速80kmまで作動させ、最大約30km減速することが可能だ。

衝突回避支援型PCS(Toyota Safety Sense Cに設定)をテスト中の様子
衝突回避支援型PCS(Toyota Safety Sense Cに設定)をテスト中の様子衝突回避支援型PCSの作動によりブレーキを促す表示がメーター内に

試乗会では、「単眼カメラ+赤外線レーザー」搭載のカローラアクシオハイブリッドに乗り、時速30kmで模擬車両に接近した。

警報が鳴り、次いで自動ブレーキが作動して模擬車両の手前で停止。ちなみに死亡事故の発生頻度は、車両の速度が時速30km以上になると急増する。なので検知範囲が時速80kmまで高まるメリットは大きい。

日産のノートやセレナは単眼カメラ方式で、赤外線レーザーやミリ波レーダーは使わず、作動の上限速度を時速80kmとした。

以上のように「単眼カメラ+ミリ波レーダー」と「単眼カメラ+赤外線レーザー」では、単眼カメラの役割が微妙に違う。ミリ波レーダーでは遠方の車両も検知できるため、単眼カメラは歩行者や白線の認識に使うが、赤外線レーザーは検知範囲が短いから、車両を早期に発見する役割も担う。

ユーザー視点から見れば「単眼カメラ+ミリ波レーダー」への統一を

「Toyota Safety Sense P」に搭載されているミリ波レーダーと自動車評論家の渡辺陽一郎氏

メーカーの立場では、コストの低減も考えて2種類のシステムを設定するのだろうが、ユーザーとしては「単眼カメラ+ミリ波レーダー」に統一した上で価格を安く抑えて欲しい。高速道路では合法的に時速100kmで走れるから、80kmが上限では不安を払拭できない。

他メーカーでも赤外線レーザーは多いが、ホンダ ヴェゼルなどは長距離移動の機会も多く、安全機能として物足りない。アクセラの1.5リッターモデルは、以前は赤外線レーザーのみだったが、先ごろの変更で15Sツーリングにミリ波レーダーを新しく装着している。

「Toyota Safety Sense P」に搭載されているミリ波レーダー(トヨタロゴマークの裏に設置)「Toyota Safety Sense P」に搭載されているミリ波レーダー(トヨタロゴマークの裏に設置)

センサーの取り付け方法は、「赤外線レーザー+単眼カメラ」はユニットが一体化されて、フロントウィンドウの内側に収まる。

「ミリ波レーダー+単眼カメラ」は、カメラがフロントウィンドウの内側、ミリ波レーダーはフロントグリル(エンブレム)の内側と分割した。そのために後者はスペースが必要だが、今後は小型化も進み、コンパクトカーにも「ミリ波レーダー+単眼カメラ」を装着することを考えて欲しい。

スバルのアイサイトは、以前は10万5000円で安いといわれたが、レヴォーグでは、グレード間の装備差を補正すると7万円程度で装着されている。そしてレクサスRCのミリ波レーダー方式が6万4800円で設定されたことも考えると、全車に標準装着して量産効果が得られれば、「ミリ波レーダー+単眼カメラ」で5万円程度に抑えることも可能だろう。

IPA(インテリジェントパーキングアシスト)テスト中の様子

このほかの衝突を回避する機能としては、「インテリジェントクリアランスソナー」も公開された。後退時などに障害物との間隔を検知して、衝突の危険が生じると自動ブレーキを作動させる。

ボディの四隅にカメラを装着して、車両を周囲から見た映像としてとらえる機能も改善され、車両周囲の安全確認がさらに容易になった。

IPA(インテリジェントパーキングアシスト)テスト中の様子IPA(インテリジェントパーキングアシスト)テスト中の様子パノラミックビューモニターの新画面「シースルービュー」テスト中の様子/左側面に子供の人形を、真後ろに自転車を配置パノラミックビューモニターの新画面「シースルービュー」パノラミックビューモニターの新画面「シースルービュー」
LEDアレイAHS
LEDアレイAHS/室内に設置された起動ボタンLEDアレイAHS/メーター内、グリーンの照射マークとAUTOの文字のロゴが光っていることで「LEDアレイAHS」が作動していることを表す

夜間ドライブ時の安全性を確保する機能としては、LEDアレイAHSが披露された。

LEDヘッドランプだが、ハイビームについては「通常/高速/住宅地」の配光パターンがある。一番の特徴は、前述のカメラセンサーを使うことで、対向車が接近してきた時に対向車両の部分だけをロービームにできること。周辺の視界を確保しながら、対向車のドライバーを眩惑させない。

シェードによって対向車を照射する部分だけ隠す方法もあるが、LEDアレイAHSでは、ハイビーム用に片側11個、両側では22個のLEDランプを装着。対向車の部分だけ照度を落として眩惑を防ぐ。アウディA8などと同様の方法だ。

このほか高速配光用LEDランプも装着され、時速80km以上では、遠方まで明るく照らすことが可能。路上の障害物も早期に発見できる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18