トヨタ タウンエースバン  &  ライトエースバン 日本にない日本車 ~新興国専用ミニバン「トヨタ イノーバ・アバンザ」~

記事・レポート 特集 日本にない日本車 日本にない日本車 ~新興国専用ミニバン「トヨタ イノーバ・アバンザ」~

日本にない日本車 ~新興国専用ミニバン「トヨタ イノーバ・アバンザ」~ (1/4)

この記事に登場する車: トヨタ タウンエースバン | トヨタ ライトエースバン

Text :
Photo:
トヨタ自動車・桃田健史
日本にない日本車 ~新興国専用ミニバン「トヨタ イノーバ・アバンザ」~

ミニバンブームは日本固有の「文化」にあらず

「ミニバン」は日本固有の文化だと思っていたが…

海外から日本への観光客やビジネスマン、2013年にはついに年間1000万人を突破した。彼らが日本に来て、街中を走っているクルマを見て驚くことがいくかある。

「ウワォ! マイクロカーがたくさん走っている!」と、軽自動車にビックリ。

さらに「オーマイゴー(ッド)、他では見たことがないユニークなバンがこんなに多い!」と、ミニバンにビックリ。

海外では「ミニバン=商用車」というイメージを持っている人たちが大勢いる。そんなミニバンが、多種多様な大きさとデザインで、街中に溢れかえっている光景を見て、海外から日本への渡航者は心底驚くのだ。

米欧中では影が薄いミニバンカテゴリー

こうした日本固有のミニバン文化について、某大手自動車メーカーの役員はこう語る。

「日本では、家族の団欒をそのまま車内で移動したいという欲求が強い。他の仕向け地(=国)では見られない社会現象だ」

確かに、筆者の実体験で考えても、アメリカでのミニバンは「サッカーママ」の御用達で、男性が乗っていると「かっこ悪い」と言われることが多い。ヨーロッパでは、キャンピングカーとしての需要があるが、その数はさほど多くない。中国では最近、SUVブームが巻き起こっているが、ミニバンはGMビュイックの商用車というイメージにとどまっている。

やはりミニバン文化は日本固有で、他の国には馴染まないのか、と思っていたのだが…。

[次ページへ続く]

  1. Page1 日本にない日本車 ~新興国専用ミニバン「トヨタ イノーバ・アバンザ」~
  2. Page2 日本に馴染みの薄い「IMV」からの派生車とは
  3. Page3 インドネシアではさらに小さなモデルが人気
  4. Page4 政変続きの新興国だが、まだまだ「日本にない日本車」は伸びる

トヨタ タウンエースバン 関連ページ