autoc-one.jp 記事・レポート 特集 日本にない日本車 【日本にない日本車】トヨタ アイゴ/桃田健史 2ページ目

日本にない日本車 2014/3/19 19:30

【日本にない日本車】トヨタ アイゴ/桃田健史(2/3)

関連: トヨタ Text: 桃田 健史
【日本にない日本車】トヨタ アイゴ/桃田健史

外装変更可、内部容量増大

トヨタ アイゴ

改めて、ボディデザインを見てみよう。

フロントマスクは、「X(エックス)」をデフォルメ。「×(バツ)」と言われようがなんだろうが、とにかく目立つ。

担当デザイナー氏は「毎日の生活のなかで、(このフロントマスクを見て)これ持ってて良かったいう実感を抱いて欲しい」と言っている。

全長は前モデルから25mm拡大して3455mm。「これでも欧州コンパクトカーでは、けっして大きくない、ちょうど良い大きさ」(トヨタ関係者)という。また、前後トラックは8mm拡大でドッシリ感、全高は空力を意識して5mm下げたが、前席のヘッドルームは7mm拡大。ホイールベースは2340mm。

トヨタ アイゴ
トヨタ アイゴトヨタ アイゴ

ボディスタイルは、初代と同様に3ドアと5ドアがある。

外装は10箇所が「取り替え可能」で、カラーコーディネーションが楽しめる。

そして車内に入って「ウァ~、随分質感が上がっなぁ」と思った。

そもそも「AYGO」はコスパ最重視で開発された。製造はPSAと共同出資で設立したTPCA(トヨタ・プジョーシトロエン・オートモーティブ)。その場所は人件費など固定費が抑制できるチェコだ。

筆者は以前、日経BP社発行の媒体の取材で同拠点を詳細取材したことがある。チェコの首都、プラハからクルマで1.5時間ほどの田舎町に、ポツ~ンとTPCAがあった。生産設備の基本設計はトヨタが行なった。PSAは部品調達や物流戦略を主体に担当していた。

先代アイゴ
先代アイゴの兄弟車にあたるプジョー107(旧モデル)先代アイゴの兄弟車にあたるシトロエンC1(旧モデル)

「AYGO」、「107」、「C1」という三兄弟を混流生産していた。取材当時、内装については「まあ、コスパ優先なら、これで仕様がないかな…」という印象を持った。

その後、マイナーチェンジを受けて内装も一部改良されたが、新型ではさらに大きく一歩、改良が進んだ。それは、表皮処理、部品の合わせなど部品そのもの精度や質だけでなく、外装と同様な「(外国人に向けた)アーバン・東京」の表現が、「空間の質感」を上げているのだ。

また、運転席に座ってみると、前モデルに比べて「ちょっとスポーティ」。そう直感した。これはダッシュボードのデザインによるものではない。プレスリリースを見ると、ステアリングアングルがこれまでの28度から26.6度へ。さらにシートのヒップポイントが10mm下がっているとある。また、シート高さ調整が付いた。

動力系では、エンジンは前モデルの排気量1.0リッター直列3気筒を改良した。驚くことに、燃費値やCO2排出量にしてプレスリリースに表記がない。前モデルで十分に改良が行われており、当然、今回の改良でも若干の向上はしている。そこが新型「AYGO」の商品として「キモ」ではない、ということだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22