autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 トヨタ「シエンタ」の新型と旧型を比較してみた

特別企画 2015/8/14 18:27

トヨタ「シエンタ」の新型と旧型を比較してみた(1/5)

トヨタ「シエンタ」の新型と旧型を比較してみた

希少なコンパクトミニバン「シエンタ」の新型と旧型を徹底比較!

トヨタ 新型シエンタ(ボディカラー:レッドマイカメタリック)進化度数の基準

今は小さなクルマに代替えするユーザーが増えているが、コンパクトなミニバンは意外に車種数が少ない。排気量が1.5リッター前後のエンジンを搭載するのは、ターボを備えたホンダ「ステップワゴン」を除くと、トヨタ「シエンタ」、ホンダ「フリード」、日産「NV200バネットワゴン16X-3R」のみだ(OEM車を除く)。

この品揃えを考えると、2015年7月9日に実施された『シエンタ』のフルモデルチェンジは注目されるだろう。1.5リッターエンジンを搭載する5ナンバーサイズのコンパクトなミニバンで、新型ではハイブリッドも設定した。

詳細は発表日に掲載した「トヨタシエンタ徹底解説」をご覧いただくとして、ここでは旧型との比較を行いたい。

今回、「シエンタ」も分かりやすい進化度数の基準として採点表を設定し、劇的な変化から、これまで「何となく変わったかも」程度だった違いまで、進化の度合いを徹底的に比べ、採点していく。

ボディスタイル&サイズ

トヨタ 新型シエンタ(ボディカラー:エアーイエロー)

ボディは新型になって拡大された。新型の全長は4235mmで、旧型の標準ボディよりも135mm長い。全幅は5ナンバーサイズいっぱいの1695mmで変更はなく、全高は1675mmで5mm増えたがほぼ同じだ。

ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2750mm。全長の拡大と相まって50mm伸びた。

とはいえ外観の印象を大きく左右するのは、サイズの拡大よりもデザインの変更だろう。旧型は角型ヘッドランプのダイスを設定したものの、基本的には丸型ランプを備えた標準ボディの柔和な印象が強い。可愛らしい3列シートのコンパクトカーと受け取られた。

トヨタ 旧型シエンタトヨタ 新型シエンタ(ボディカラー:エアーイエロー)

これが新型では見栄えが一変して、最近のトヨタ車に共通する開口部の大きなグリルを備える。ブラックのガーニッシュを含めて、かなり個性的な仕上がりだ。

実用面で注意したいのは後方視界。旧型はさまざまな人が便利に使いやすいユニバーサルデザインの発想で開発され、斜め後方や真後ろの視界が優れていた。

ところが新型は、サイドウインドウの下端を後ろに向けて持ち上げた。後端付近ではサイドウインドウの下端が旧型に比べて30mmほど高く、ボディ後端のピラー(柱)も太くなったから、旧型に比べると後方が見にくい。

前述のように全長も拡大されたので、旧型から新型に代替えするユーザーは、車庫入れや縦列駐車を試すと良いだろう。

最小回転半径は、15インチタイヤ装着車であれば旧型と同じ5.2mだが、16インチを履くと5.8mまで拡大する。

ちなみに15インチタイヤは新開発されたが、16インチはアクアのオプション品と共通だ。そしてアクアも16インチ仕様は最小回転半径を5.7mに拡大させる。16インチタイヤを装着すると前輪の舵角を十分に確保できず、プラットフォームとの相性はいまひとつだ。

進化度数:1点/10点(もう少し頑張りましょう)

[次のページに続く]

トヨタ 新型シエンタ(ボディカラー:レッドマイカメタリック)トヨタ 新型シエンタ(ボディカラー:レッドマイカメタリック)トヨタ 新型シエンタ(ボディカラー:レッドマイカメタリック)トヨタ 新型シエンタ(ボディカラー:レッドマイカメタリック)トヨタ 新型シエンタ(ボディカラー:レッドマイカメタリック)
トヨタ 旧型シエンタトヨタ 旧型シエンタトヨタ 旧型シエンタトヨタ 旧型シエンタトヨタ 旧型シエンタ

トヨタ シエンタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ シエンタ の関連記事

トヨタ シエンタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ シエンタ の関連記事をもっと見る

トヨタ シエンタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25