autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム イメージしたのは「筆の運び」/トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー[後編]トヨタ 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】 2ページ目

デザイナーズルーム 2015/8/12 16:40

イメージしたのは「筆の運び」/トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー[後編]トヨタ 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】(2/3)

関連: トヨタ シエンタ Text: 森口 将之 Photo: 原田淳
イメージしたのは「筆の運び」/トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー[後編]トヨタ 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】

筆の運びはインテリアデザインにも反映

トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー/トヨタ自動車デザイン本部 トヨタデザイン部主幹 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー/トヨタ自動車デザイン本部 トヨタデザイン部主幹 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】

AO:インテリアもまたエクステリアに負けず有機的な造形ですが、まずインパネはどんな考えで描いたのでしょうか。

G:ここも筆の運びからイメージしました。まずは機能優先でメーター、センターのディスプレイ、助手席側の収納スペースを確保して、これらが象徴的に見えるように一筆書きで機能をつなげたのです。ミニバンなので広さと安心感は外せませんから、インパネの上側で広さ、下で安心感を表現しました。

AO:メーターをセンターからドライバー前の奥に移した理由は。

G:シエンタは家族のためのクルマでもありますが、同時にドライバーも満足できる要素を持たせたかったので、コクピット的に表現しました。センターに配置する要素が多く、レイアウトが難しいためもあります。

メーターを奥に置いたのは、視線移動の少なさもありますが、リムの上から見るタイプなので横方向に広げることが可能で、メーター内の液晶を見やすい横長にできました。

グローブボックスの中は・・・オレンジ!

トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー/トヨタ自動車デザイン本部 トヨタデザイン部主幹 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】

AO:グローブボックスの中をオレンジにしたり、インテリアのカラーコーディネイトも大胆ですね。

G:グローブボックスは、お金をかけないで質感を上げるためのアイディアで、塗装ではなく材料着色で仕上げています。ジャケットの裏地など見えない部分に凝るファッションテクニックを参考にしました。

オレンジにしたのは、内装色やイルミネーションとのマッチングを考えた結果です。ストライプの下に入れたステッチ状の成形は、硬い成形品で上質感を出すためのアイディアです。シルバーの部分はサテンメッキとすることで、ダウンサイザーの方にも訴求しました。コストを掛けずに大人っぽく表現することを目指しました。

トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー/トヨタ自動車デザイン本部 トヨタデザイン部主幹 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】

AO:収納スペースにも工夫がいろいろあるそうですが。

G:センターピラーや3列目左右のポケットには水玉模様を入れて、ポケットについては中身が見えるなど、遊び心にこだわりました。収納スペースは携帯電話を置ける場所を各座席に用意し、フロントドアポケットはどこでも掴めるグリップとしての機能も持たせました。スライドドアにはドアや開口部周辺にグリップを用意して、子供から高齢者まで安心して乗り降りできるようにしてあります。

[デザイナーを目指す君へ・・・次ページへ続く]

トヨタ シエンタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ シエンタ の関連記事

トヨタ シエンタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ シエンタ の関連記事をもっと見る

トヨタ シエンタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25