autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 「激変デザインの真実」トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー[前編]/トヨタ 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】 2ページ目

デザイナーズルーム 2015/8/7 17:12

「激変デザインの真実」トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー[前編]/トヨタ 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】(2/3)

関連: トヨタ シエンタ Text: 森口 将之 Photo: 原田淳
「激変デザインの真実」トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー[前編]/トヨタ 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】

イメージカラーは、青みがかった爽やかな黄色「エアイエロー」

トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー/トヨタ自動車デザイン本部 トヨタデザイン部主幹 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー/トヨタ自動車デザイン本部 トヨタデザイン部主幹 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】

AO:形だけでなく、色もまた攻めていると感じたのですが。

G:カラーは女性のカラーリストが決めてくれました。

イメージカラーのエアイエローは、青みがかった爽やかな色に仕上げて、爽やかさを連想させるネーミングとしました。クルマの性格を決める大事な色なので、発色を良くするため中塗りまで新開発しました。

グリーン(グリーンマイカメタリック)は新色ではなく、かつてのMR-Sの色を復活させたのです。赤(レッドマイカメタリック)はピンクがかったレッドで落ち着きと華やかさを表現しました。落ち着いた色も用意したいということで、ヴィンテージブラウンも入れました。ハイライトが鮮やかに見える、都会的でシャープな色だと思っています。

ユーザーの期待を超えるデザインを目指して

トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー/トヨタ自動車デザイン本部 トヨタデザイン部主幹 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】トヨタ 新型「シエンタ」デザイナーインタビュー/トヨタ自動車デザイン本部 トヨタデザイン部主幹 郷 武志【DESIGNER’S ROOM】

AO:フレックストーンも大胆ですね。

G:フレックストーンはマッチングを研究してアクセントカラーとしてブルーとブラウンを用意しました。

イエロー+ブルーでアクティブに仕立てたり、ホワイト+ブラウンでシックに装ったり、いろいろな個性が表現できると思います。これを含めてカラーには時間を掛けました。

他の部署からは「これでいくのか?」と不安の声も多かったのですが、お客様の要望はもっと上にあると考え、期待を超えるデザインを目指しました。もちろん超え方には気をつけましたが。

[次ページへ続く]

トヨタ シエンタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ シエンタ の関連記事

トヨタ シエンタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ シエンタ の関連記事をもっと見る

トヨタ シエンタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23