autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “個性的なフェイス”に激変!「トヨタ 新型シエンタ」徹底解説 3ページ目

新型車解説 2015/7/9 13:30

“個性的なフェイス”に激変!「トヨタ 新型シエンタ」徹底解説(3/3)

関連: トヨタ シエンタ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
“個性的なフェイス”に激変!「トヨタ 新型シエンタ」徹底解説

トヨタ最新の安全装備「セーフティセンスC」がオプション装備可能に

トヨタ 新型 シエンタ

安全装備は、緊急自動ブレーキの機能を備えたトヨタセーフティセンスCをオプションで選べるようにした。センサーには赤外線レーザーと単眼カメラを使う。時速15~140kmの範囲で、衝突が予測される状況になると警報を発する。

時速30~80kmでは、ドライバーが回避操作をしなかった時に、緊急自動ブレーキを作動させることも可能だ。衝突の危険がある先行車両との相対速度差が時速30km以下であれば、事故を未然に防げる場合もある。

カメラ方式だから車線逸脱時の警報も行う。対向車のヘッドランプや先行車のテールランプを検知して、ロー/ハイビームを自動的に切り替えることも可能だ。

ただしカメラを使うものの、歩行者の認識はできない。ドライバーの死角に入る斜め後方の並走車両を検知して、注意を促す機能も採用していない。安全装備には進化の余地がありそうだ。

サイド&カーテンエアバッグ、LEDヘッドランプなどはオプションで装着できる。快適装備は、スライドドアの電動機能をグレードに応じて装着した。スイッチ操作でエンジンの始動や停止が行えるスマートエントリーパッケージは、Gには標準装着、Xにはオプションになる。

新型シエンタのグレード選び・・ガソリン車とハイブリッド車はどちらがお買い得?

トヨタ 新型 シエンタ
トヨタ 新型 シエンタトヨタ 新型 シエンタ

グレードは前述のようにノーマルエンジンとハイブリッドに大別され、Xと上級のGがある。ノーマルエンジン車のXには装備がシンプルなVパッケージも設定したが、これは価格の安さを重視する法人ユーザー向けだ。

シートの選択肢は変則的。ノーマルエンジンのみに組み合わせられる4WDは、2列目がすべてセパレートシートの6人乗りだ。ノーマルエンジンとハイブリッドの2WDは、Xがベンチシートの7人乗りで、上級のGでは6・7人乗りを同じ価格で選択できる。となれば収納設備などが装着された6人乗りが割安になる。

価格を2WDで見ると、ノーマルエンジンのXが181万6,363円、Gが198万327円。ハイブリッドはXが222万6,763円、Gは232万9,855円になる。先代シエンタのX・Lパッケージは175万3,715円だったから、新型シエンタは高めの設定ながら、アイドリングストップなど機能の違いを考えると納得できる。

ライバル車のフリードGジャストセレクションは198万円。シエンタGは快適装備を少し充実させて対抗した。

シエンタでノーマルエンジンとハイブリッドの価格差を見ると、装備が同等のG同士で後者が約35万円高い。エコカー減税の差額を差し引いて約32万円だ。そこで実用燃費をJC08モードの85%、レギュラーガソリン価格を1リッター当たり145円で計算すると、1km当たりの燃料代はノーマルエンジンのXとGが8.4円、ハイブリッドは6.3円になる。

1km走行当たりの差額が2.1円であれば、32万円の実質価格差を取り戻せるのは15万kmを走った頃だろう。ベースの1.5リッターエンジンも燃費が優れているので、ハイブリッドの価格上乗せを取り戻しにくい。損得勘定でハイブリッドのメリットを実感するには、1年間の走行距離が1.5万kmを超える必要がある。

グレードは実用的にはXで十分。これにトヨタセーフティセンスC、サイド&カーテンエアバッグ、スマートエントリーパッケージなどをオプション装着したい。注意したいのはスライドドアの電動開閉機能。Xでは左側に装着されるだけで、右側にはオプションでも備えられない。両側に電動開閉機能が欲しい場合、グレードは必然的にGになる。

3列目シートの改善を市場はどう評価するのか

トヨタ 新型 シエンタ(モデリスタ)

今のミニバンの売れ筋は、ヴォクシー&ノア、ヴェルファイア&アルファードなど、全高が1800mmを超える背の高い車種だ。

ウィッシュのようなワゴン風のミニバンは売れ行きを低迷させている。背景には、もはやミニバンを目新しさで選ぶユーザーがほとんどいなくなり、購入目的が多人数の乗車、自転車の積載といった実用面に置かれている事情がある。

シエンタはワゴン風のミニバンだが、薄型燃料タンクの採用で3列目シートの居住性も相応に確保した。このあたりの市場評価で売れ行きが決まりそうだ。気になるのは先代型のセールスポイントだった優れた視界と取りまわし性が損なわれたこと。

先代型のユーザーは、縦列駐車や車庫入れなどを試したい。また安全装備にも進化の余地を残す。

とはいえコンパクトミニバンは、ミドルサイズ以上に比べると車種数が大幅に少ない。日産も進行中だったコンパクトミニバンの開発を凍結させた模様だ。

新型シエンタは、今後の展開のさせ方次第で、先代型と同じく息の長い人気を得られると思う。

トヨタ シエンタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ シエンタ の関連記事

トヨタ シエンタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ シエンタ の関連記事をもっと見る

トヨタ シエンタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25