autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “個性的なフェイス”に激変!「トヨタ 新型シエンタ」徹底解説 2ページ目

新型車解説 2015/7/9 13:30

“個性的なフェイス”に激変!「トヨタ 新型シエンタ」徹底解説(2/3)

関連: トヨタ シエンタ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
“個性的なフェイス”に激変!「トヨタ 新型シエンタ」徹底解説

新型シエンタでは3列目シートの改善に要注目

インパネの周辺は曲面で構成され、奥行感と新鮮味を持たせている。

メーターは高い奥まった位置に装着され、前方から視線を移す時の移動量も少ない。ATレバーやエアコンのスイッチなどはインパネの中央部分に装着。手前に張り出しているので操作性も良い。

トヨタ 新型 シエンタ(ハイブリッド)
トヨタ 新型 シエンタ(ハイブリッド)トヨタ 新型 シエンタ(ハイブリッド)

シートはミニバンだから3列を備える。1列目から3列目までのヒップポイント間隔は1,615mmとされ、先代型に比べると10mmではあるが拡大した。シートの背面形状を工夫したこともあり、2列目の膝先空間を25mm、3列目は20mm広げた。

1列目のシート形状は、先代型と同じくセパレートタイプ。2列目は7人乗りのベンチシートに加えて、新たに6人乗りのセパレートも用意した。6人乗りは左右席の中央寄りにアームレストと収納設備が装着される。

3列目は、先代型では片手で2列目の下側に収納できる構造でサイズが小さかったが、新型はシート幅を70mm広げて座り心地を向上させた。荷室の容量は先代型と大差ないが、2・3列目を格納すると1,430mmの長さを確保できる。

実用的なシートアレンジ

トヨタ 新型 シエンタ(ハイブリッド)
トヨタ 新型 シエンタ(ハイブリッド)トヨタ 新型 シエンタ(ハイブリッド)

荷室幅は1,260mm、荷室高は1,085mmだ。荷室の地上高は505mm。この数値は先代型と同じだが、ジャンルを問わず低い部類に入る。例えば燃料タンクを前席の下に設置して荷室の床を低く抑えたN-BOXでも480mm(後席にスライド機能を付けると545mm)。シエンタなら重い荷物の収納もしやすい。

シートアレンジは実用的だ。3列目シートの格納は、先代型と違って片手で行えるほど簡単ではないが、背もたれを倒して前方に押し込むと格納できる。

左右分割式だから乗員の数に応じて対応しやすい。2列目もタンブル構造で、前方へ畳み込むように格納できる。

新たに1.5リッターハイブリッドがラインナップ

トヨタ 新型 シエンタ(ハイブリッド)

エンジンは直列4気筒の1.5リッター。新型シエンタはノーマルタイプのほかに、1.5リッターのハイブリッドも用意する。

動力性能はカローラアクシオ&フィールダー、アクアなどと基本的に同じだ。2WDのノーマルエンジンは最高出力が109馬力(6000回転)、最大トルクは13.9kg-m(4400回転)になる。ハイブリッドのエンジンとモーターの駆動力を合計したシステム最高出力は100馬力。

ハイブリッドにはEVドライブモードも設定され、駆動用電池が十分に充電されていれば、モーター駆動のみで走行できる。この状態ではエンジンが停止しているため、深夜に住宅街を走ったり、車庫入れをする時などに重宝する。

車両重量は、ノーマルエンジンを搭載した2WDの主力グレードが1320kg。先代型に比べると100kgほど重くなった。ハイブリッドは1380kgになる。カローラアクシオに比べると230kgほど重く、シエンタの加速力は少し下がる。

納得の燃費性能

ノーマルエンジンも2WDにはアイドリングストップを装着。JC08モード燃費は、売れ筋のXとGが「20.2km/L」だ。ハイブリッドの同グレードは「27.2km/L」。ノーマルエンジン、ハイブリッドともに、コンパクトなミニバンとして納得のできる数値になった。

エコカー減税は、ハイブリッドについては購入時に納める自動車取得税と同重量税が免税になる。ノーマルエンジンも2WDは平成32年度燃費基準を達成。自動車取得税が60%、同重量税は50%減税される。

トヨタ シエンタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ シエンタ の関連記事

トヨタ シエンタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ シエンタ の関連記事をもっと見る

トヨタ シエンタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27