autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 2009年 下半期ベスト・バイ・カー/松田秀士 2ページ目

ベストバイカー 2009/12/29 21:00

2009年 下半期ベスト・バイ・カー/松田秀士(2/2)

2009年 下半期ベスト・バイ・カー/松田秀士

【輸入車編】トータルベストカー/ボルボ XC60

ボルボ XC60

北欧のデザインテイストがとても新鮮で、SUVに必要なキモをよく押さえている。

3リッター直6ターボエンジンをフロントに横置きに搭載する。見るからにフロントヘビーなレイアウトだが、いざステアリングを握って走り始めるとそんなことは感じさせない。特に高速でのパフォーマンスは285psという余裕のパワー。

そして、驚いたのはその走りのスタビリティだ。直進安定性がとても高く、乗り心地もとても良い。静粛性も、高くライバルを凌ぐバランスと快適性を持っている。

シティセーフティという低速時に追突を回避するシステムの認可を日本国内でいち早く受けるなど、ボルボ・ジャパンとしての取り組みも評価できる。

安全性を含めたトータルパッケージとして、XC60の評価は高い。

【輸入車編】ベストハンドリングカー/メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ

Eクラスセダン&クーペ、GLK、Cクラス。

これらは全て同じプラットフォームによって造られている。車高の低いEクラスクーペからSUVのGLK、そしてセダンまでフォローしているのだ。

今、世の中のクルマはプラットフォームの共通化が進んでいる。それらがもたらすものは効率化だ。つまりベースの部分を大量に作ることによって、安くクルマを作り上げることができるようになる。そして、浮いたバジェットでモデルごとの個性付けを明確に差別化しているのだ。

ここ最近のモデルの中で、その最たるモデルがEクラスクーペだ。ボクはステアリングを握ってやはり5分でEクラスクーペのとりこになった。

そこには、GLKのどっしり感も、Cクラスの軽々しさも、Eクラスの豊満感も存在しない。あるのはスポーティな個性あるハンドリングだ。また、最近追加されたE250クーペCGIの車体価格はこの効率化により可能になっていることは確かだが、クオリティを落としていないことに感心する。

【輸入車編】ベストデザインカー/シボレー カマロ

シボレー カマロ

アメリカン、マッスル、グラマラス。ここのところそんな個性を持ったアメ車が減っている。

欧州車のようなサスペンション、日本車のようなコンパクトサイズ。そんな世界的な流れにアメ車は居場所を無くしている。もうアメ車に夢を持てなくなってしまったのかと思っていたところにカマロが登場し、とても嬉しく思う。

アメリカンな匂いがぷんぷんするこのグラマラスなシルエットが再び脚光を浴びること、そのことがクルマ業界にとっての財産となる。

効率よく移動できて、環境にも優しい。究極の効率を求めたとき、答えは一つしかない。それを善としたとき、そこから何が生まれるのだろうか。

適度な無駄は、人に感動を与えると思う。カマロは、人間の感性という重要なテーマに訴えるデザイン性と品質を持っている。もちろん、直噴や気筒休止技術も評価できるものだ。

筆者: 松田 秀士

トヨタ SAI 関連ページ

日産 スカイラインクロスオーバー 関連ページ

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ SAI の関連記事

トヨタ SAIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ SAI の関連記事をもっと見る

トヨタ SAI の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25