autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 2009年 下半期ベスト・バイ・カー/石川真禧照

ベストバイカー 2009/12/28 09:35

2009年 下半期ベスト・バイ・カー/石川真禧照(1/2)

2009年 下半期ベスト・バイ・カー/石川真禧照

【国産車編】トータルベストカー/トヨタ サイ

トヨタ サイ

国産車のトータルベストカーの選出はかなり迷った。

スカイラインクロスオーバーのトータルな使い勝手のよさも捨て難いし、エクシーガのスピードと多人数乗員も実用性が高い。スポーツモデルとして魅力があった。しかし、どちらもマニアックな選択だ。

2009年後半の話題はやはり、レクサス HS250hとトヨタ サイのハイブリッド ミドルクラスセダンだろう。どちらも、発売1ヵ月で半年以上の納車待ちという人気ぶりだ。

2車種のうち、僕は「トヨタ サイ」を推したい。サイとHS250hとの価格差は約70万円だが、装備の差は助手席パワーシートなど僅か。あとはレクサスのブランド料。車重も軽いサイのほうが軽快だし、フロントマスクもシャープだ。

【国産車編】ベストハンドリングカー/ホンダ シビックタイプRユーロ

ホンダ シビックタイプユーロ

ホンダというブランドはやはり、走りの楽しさがよく似合う。このクルマに乗ってそう思った。

以前から欧州に出かけると、このスタイルのタイプRに時々出会うことがあった。出会う度に、その個性的デザインにドキッとさせられていた。

そして、日本にタイプRユーロが入ってきて、今度は走りの楽しさにワクワクさせられた。

2リッター 201ps+6速MTのフィーリング、専用バケットシートのホールド感など、すべてが走りを楽しむために造られている。こういったホットなクルマには、久しぶりに出会った。

トルク感応型ヘリカルLSDも使いこなせれば、さらにコーナリングが楽しくなるだろう。

【国産車編】ベストデザインカー/日産 フェアレディZロードスター

日産 フェアレディZロードスター

デザインの好き嫌いというのは、個人の好みが入るのは当然だと思う。僕は、クーペのフェアレディZはどうもリアサイドからテールにかけてのラインが好きになれなかった。

しかし、ロードスターはその部分がなくなったことでスッキリとした。しかも、オープンにしたときのリアフェンダーからテールにかけての曲線はなかなかセクシーだ。

旧型のロードスターは幌の形が最悪だったが、新型の幌は(旧型の反省をふまえて)かなりカッコよくなった。しかもボルドー色の幌まで用意されている。

唯一気に入らないのは、その幌の開閉が完全にクルマを停めないとできないことだけだ。

トヨタ SAI 関連ページ

ホンダ シビックタイプRユーロ 関連ページ

日産 フェアレディZロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ SAI の関連記事

トヨタ SAIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ SAI の関連記事をもっと見る

トヨタ SAI の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22