autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 トヨタ SAI グレード比較 3ページ目

新車グレード比較 2009/10/29 13:00

トヨタ SAI グレード比較(3/4)

関連: トヨタ SAI Text: 松下 宏 Photo: トヨタ自動車株式会社/原田淳
トヨタ SAI グレード比較

トヨタ SAI/G・G ASパッケージ

SAIの上級グレードとなるGは、Sに対して42万円高の380万円の価格が設定されている。

SAI 18インチタイヤ&アルミホイール

S“ASパッケージ”と近い価格になっているのがなかなか微妙なところだ。価格差も大きいので、Sに対して追加される装備も色々とある。

まず外観では、18インチタイヤ&アルミホイールが標準装備。Sは16インチだから、Gになると2サイズもアップする。ただし、これによって最小回転半径が5.2mから5.6mへと拡大するので、取り回しの面で不利になる点には注意が必要だ。

(※ 参考までに書いておくと、HS250hは17インチまたは18インチのタイヤが設定されていて、最小回転半径は全車とも5.6m)

ヘッドランプはディスチャージからLEDに変わり、同時にポップアップ式のヘッドランプクリーナーも装備される。

トヨタ SAI インテリアトヨタ SAI LEDヘッドランプ

逆にGを選ぶと、Sならオプションで装着できるインテリジェントAFS(コーナー時にタイヤ切れ角や車速に応じて、照射軸を自動的に左右に動かす機能)が選択できなくなる。これはLEDヘッドランプには装着できないようだ。サイドミラーは、Sには電動格納式のレインクリアリングミラーが装備されているが、Gはこれに加えてリバース連動でオート電動格納式かつメモリー付きになる。

ワイパーも雨滴感知式が標準だ。チルト&テレスコピックステアリングが手動式から電動式になるのもGの特徴で、これにはオートチルトアウェイ&リターン機能が付いてマイコンプリセットドライビングポジションシステムと組み合わされている。

Sのパワーシートは運転席8ウェイだけだが、Gでは助手席4ウェイも加わり、パワーイージーアクセスシステムも組み合わされる。エアコンがプラズマクラスターになるのもGだけだ。

さらにHDDナビと一体になるオーディオも、Sでは6スピーカーのライブサウンドシステムだが、Gでは10スピーカーのスーパーライブサウンド付きとなる。

Sに比べるとGにはいかに充実したおもてなしの快適装備が備えられているかが良く分かるだろう。これだけいろいろな違いがあるなら、42万円の価格差も納得できるというものだ。

またGにも“ASパッケージ”が設定されていて、S“ASパッケージ”と同様にプリクラッシュセーフティシステムなど最新の安全装備が装着される。

G“ASパッケージ”の価格は426万円だ。SAIはハイブリッド車なので、自動車取得税と自動車重量税が免税になり、G“ASパッケージ”では補助金を加えると38万円または53万円(13年以上経過した所有車を廃車した場合)くらいの負担軽減になるが、それでも400万円近い予算が必要となる。

トヨタ SAI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ SAI の関連記事

トヨタ SAIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ SAI の関連記事をもっと見る

トヨタ SAI の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26