autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ SAI 試乗レポート/藤島知子 2ページ目

試乗レポート 2009/12/10 16:29

トヨタ SAI 試乗レポート/藤島知子(2/3)

関連: トヨタ SAI Text: 藤島 知子 Photo: 原田淳
トヨタ SAI 試乗レポート/藤島知子

上質感が演出されている専用デザイン、エコドライブが楽しめる工夫も

トヨタ SAI S
トヨタ SAI Sトヨタ SAI G ASパッケージ

SAIはプラットフォームをはじめ、パワートレーン、ボディの骨格部分などのハード面がレクサスHSと共有しているが、開発自体は個別のチームが同時進行してきたとあって、ボディの外板をはじめ、インテリアにあしらわれた素材、スイッチ類のそれぞれに専用デザインが施されている。

小さな高級車を目指したとあって、インテリアについても巧みな手法で上質感を演出した仕上がり。例えば、ファブリックひとつをとってみても、ドアの内張り素材は光が当たると陰影が豊かな表情をみせ、ブルーとグレーを織り交ぜたベージュのシートは清潔感と落ち着きを感じさせてくれるモダンなイメージだ。

SAIは、レクサスHSのいわばトヨタバージョンだと思われがちだが、フローティングタイプのセンタークラスターやナビ、エアコンなどの操作をマウス感覚で行えるリモートタッチなど、表面的なパーツの形状まで変更されている。

居住性についてはFFレイアウトのメリットを生かし、後部座席の膝回りは拳4つ分あるのではないかと思えるほどのゆとりをみせ、ハイブリッド用ユニットの搭載位置を工夫したトランクは、ゴルフバッグ4つを詰め込める実用性を備えている。

トヨタ SAI G ASパッケージ

エンジンは、2.4リッターのアトキンソンサイクルエンジンにモーターを組み合わせたもの。

平たくいえばプリウスと同じ方式で、停車時にエンジンをストップするほか、アクセルを軽く開けていくような低速走行時にはエンジンを停止させて、モーターのみで走ることも可能だ。

また、EVドライブモードを備えているので、センタークラスター上のEVスイッチを使えば、街中をするすると走り出すシチュエーションなどでモーターが力強いトルクを発生させる。

一方、エコドライブモードのスイッチを押すと、アクセルの踏みしろに対してマイルドな加速が得られる特性に変化する。

クルマ全体が重ったるく感じてしまうほど車速を押さえ込む感じはないので、フラストレーションが溜まるようなこともない。

また、ドライバーのエコドライブをサポートする一環として、ナビのモニター上に車両のエネルギーの動きを示す「ハイブリッドシステムインジケーター」や、ほかにもドライバーの運転を評価することもできるなど、エコドライブを積極的に楽しむ工夫も見受けられる。

トヨタ SAI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ SAI の関連記事

トヨタ SAIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ SAI の関連記事をもっと見る

トヨタ SAI の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27