autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ アイゴ 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/9/8 13:27

トヨタ アイゴ 試乗レポート(2/2)

関連: トヨタ Text: 岡本 幸一郎 Photo: トヨタ自動車株式会社
トヨタ アイゴ 試乗レポート

パワフルさはないがフットワークの仕上がりの良さが光る

エンジンは、1KR-FE型というとパッソ等にも搭載されるダイハツ生産による1リッター3気筒ユニット。

試乗車はこれに5速MTが組み合わされていた。エンジンをかけると、軽自動車に似たちょっとチープな3気筒サウンドは相変わらず。MTのシフトフィールもグニャグニャとしたもので、「スポーティ」というキーワードとはまったく絡まない感じではある。

まあ、いいじゃないか。そういうクルマじゃないし、けっしてパワフルではないが、いまどきの軽自動車程度しかない車両重量のボディを引っぱるには、とくに不満はないという印象だ。

ところが、ごく普通に走るには乗りやすいし、日常の足として使うにはこれで十分だろうくらいに思っていたのだが、フットワークの仕上がりの良さはちょっと意外だった。

ペースを少し上げると、しっとり&ドッシリとした感覚が増していくという欧州風味。ステアリングの据わりにもしっかり感があり、サスペンションの動きは極めてスムーズで、タイヤがしなやかに路面に追従していく。

これって、例の「猫足」では・・・!?走りにはあまり多くを期待していなかったのだが、いい意味で予想を裏切られる仕上がりだった。

トヨタ アイゴ(AYGO)

インパネは、まるでパイクカーのようなユニークなデザイン。スピードメーターのわきにオマケのようにくっついたタコメーターもアイキャッチだ。

ドアミラーは左右とも室内からレバーで調整するタイプだが、車幅が小さいので苦にならず、これで十分事足りる。

トヨタ アイゴ(AYGO)

また、後方へ行くに従い狭まっている外見からすると、リアシートは子ども専用みたいなものだろうと思ったのだが、座面を低めにするとともに、ルーフパネルを高く設定することで、頭上空間は成人男性が座っても大丈夫なくらい確保されている。なかなか合理的なパッケージングだ。

ラゲッジへのアクセスは、ガラスハッチがそのまま開閉するしくみ。スペースは広くはないが、使いやすそうだ。

このクルマに触れて、ヴィッツやパッソなどのBセグメント車は軒並み大きくなりすぎたことをあらためて痛感した。ファーストカーとして使うとなると今のヴィッツでも足りないわけだが、個人の足としてはアイゴのサイズで十分というか、ヴィッツですら「無駄」な部分が大きいのだろう。

トヨタ アイゴ(AYGO)

欧州の人々がこのクラスのクルマを支持するは、やはり本当に合理的だからではないかと思う。

日本には軽自動車が存在することだし、おそらくアイゴが導入されることは将来的にもないだろう。

それでもiQは売ってるんだから、アイゴもちょっとは考えてくれてもよさそうな気もするんだけど、いかがでしょう、トヨタさん・・・?

あるいは、日本でも「軽自動車には乗りたくない」という人も少なくないことだし、そんな人にもこのクルマだったら受け入れられそうな気がする。

ただ、どうこういっても筆者がアイゴでもっとも気に入ったのは、この愛らしいデザインなのだが。

トヨタ アイゴ(AYGO)トヨタ アイゴ(AYGO)トヨタ アイゴ(AYGO)トヨタ アイゴ(AYGO)トヨタ アイゴ(AYGO)
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21