autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ RAV4 新型車徹底解説 5ページ目

新型車解説 2005/11/14 20:00

トヨタ RAV4 新型車徹底解説(5/6)

トヨタ RAV4 新型車徹底解説

たっぷり用意されたラゲッジスペースは駆動方式による差はなし

先代のRAV4はリヤのショックアブソーバーを垂直に近い配置としていたが、新型ではこれを大きく寝かした配置することでスッキリとしたラゲッジルームを実現している。5名乗車時のラゲッジ容量はVDA方式で、410リッターを確保。10インチのゴルフバッグを4個搭載できる。

リヤシートはもちろん6対4分割で前倒し可能。ラゲッジルームサイドに設けられたレバーを引くことでワンタッチでスペースアップが可能となってる。全車にトノカバーとデッキネットが用意されているので、荷物を見せたくないときにはトノカバーを使用。ネットを使ってパーティションととすることもできる。

ラゲッジルームのフロア下に小物入れスペースを用意するのは当たり前になってきているが多くの場合、FFではたっぷりとした容量を確保しているものの、4WDとなるとそのスペースが小さくなることが多い。しかし新型RAV4では駆動方式に関係なく、63リッターの容量を誇るスペースを確保。トノカバーの収納も可能となっている。 なおポケットテリア関係についても非常に充実しているが、ここでは紹介しきれないので、インテリアのページに写真を掲載したので、そちらをごらんいただきたい。

トヨタ RAV4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ RAV4 の関連記事

トヨタ RAV4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ RAV4 の関連記事をもっと見る

トヨタ RAV4 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26