autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ 新型ラクティス試乗レポート/岡本幸一郎

試乗レポート 2011/1/4 11:40

トヨタ 新型ラクティス試乗レポート/岡本幸一郎(1/2)

関連: トヨタ ラクティス Text: 岡本 幸一郎 Photo: 島村英二/茂呂幸正
トヨタ 新型ラクティス試乗レポート/岡本幸一郎

初代モデルをうまく進化させ低燃費も実現する新型ラクティス

ファンカーゴの後継車として2005年に誕生した初代ラクティスは、背高なパッケージング、精悍なスタイリング、半円状のインパネ、広いパノラマルーフ、後席のダイブインシート、低床のラゲッジスペースなど、なかなか見どころの多いクルマだった。

そして2010年、モデルチェンジした2代目の新型ラクティスは、ひとことでいうと初代の特徴的な部分をならしたような、普遍性を持ったクルマになった。少々残念な気もするところだが、こちらのほうが老若男女を問わず誰でもとっつきやすいクルマにはなったと思う。

第一印象では、初代よりも車高が低くなったことが印象的だ。それでも2WD車で1585mmと、立体駐車場は基本NGなくらいの高さはあるわけだが、今まで1660mmあったところがこれだけ下がると、ずいぶん低くなったように目に映る。

開発陣によると、後ろから見たときに背高感が大きく不恰好だったのをなんとかしたかったというのと、燃費20km/Lの達成のため前面投影面積を小さくしたかったというのが、車高を低くした主な理由とのことだった。

インテリアの雰囲気もずいぶん変わり、インパネは水平基調の上下二段構成となった。

余談だが、フロントのワイパーが1本になっていることにも驚いた。

175/60R16(Sグレードは185/60R16)という、このクラスとしてはやや外径が大きめなタイヤを履くせいもあってか、全体的に上げ底されたような感覚のキャビンは、5ナンバー枠を維持しながら、室内幅が40mmも拡大されたおかげで、初代よりも横方向の広さ感が増している。

リアシートのサイズやクッションもそこそこ確保されており、前席だけでなく後席の居心地のよさも良好だ。

そして、パノラマルーフのあまりの広さに驚いた!

構造面の見直しにより、初代では開口部が前後に細長い印象だったところ、新型では横幅が拡大されたことと、またルーフシェードがボード式からロール式になり、より後方まで開口部が拡大されたのが特徴だ。

しかも、初代は約25kgの重量増だったところが、新型では10kg未満と軽量に抑えられているので、ハンドリングへの影響が小さくなったというのもありがたい。これがメインのGグレードにしか設定がないというのはもったいない気がしてしょうがない。

なぜレピスやSグレードにはないのだろう…?

2WD車の後席のシートアレンジについて、初代ではダイブインシートにより後席が非常に低い位置で畳み込まれたところ、2代目では座面が前方に沈む込みながら、背もたれが前に倒れて、より低めの位置でフラットになるという、一般的な仕組みの6:4分割のチルトダウン式となったのも大きな変更点。

しかもそれをラゲッジルーム側面に設定されたレバーで行なえるようになったのも特徴。

上のクラスのクルマでは最近よく見るが、このクラスでは初となる。

これに合わせてラゲッジルームの開口地上高も、初代では515mmと低くされていたところ、新型では615mmに上がっている。

同時に初代では妙に縦に細長かったテールゲートが一般的なサイズ感になり、開口高さも初代に比べるとだいぶ小さくなったわけだが、こちらほうが使いやすいと思う。

ただし、デッキボードは簡単に約120mm低くすることができるし、ボードを取り外して、さらに約170mmの荷室高を稼ぐことができ、最大で1200mmの荷室高を確保することが可能で、むしろこのスペースにはより背の高い荷物が積めるようになったわけだ。

ちなみに室内高(最大値となるのは後席の前端あたり)については、相当に広いと感じた初代では1365mmだったところ、2代目でも1310mmとなっているので、車高が低くなったわりには、がんばって確保されているといえるだろう。

トヨタ ラクティス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ラクティス の関連記事

トヨタ ラクティスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ラクティス の関連記事をもっと見る

トヨタ ラクティス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20