autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 東京電力管内で夜間電力大幅値上げで、次世代車のEVやPHVの普及に急ブレーキか 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/6/7 01:14

東京電力管内で夜間電力大幅値上げで、次世代車のEVやPHVの普及に急ブレーキか(2/2)

東京電力管内で夜間電力大幅値上げで、次世代車のEVやPHVの普及に急ブレーキか

トヨタあたりが電力の自由化に参入?

三菱 アウトランダーPHEV

ちなみに10万kmで31万円差があれば、電池交換してもペイするけれど(リーフの電池交換は現在およそ60万円)、14万円差だと無理。購入補助金や、急速充電器の普及のため少なくない補助金を投入している電気自動車ながら、少なくとも東京電力管内は厳しい状況になってしまったように思う。

すでに自動車メーカーは電力の自由化を行っている企業に対し割安な夜間料金プランを設定して欲しい旨をリクエストしている模様。提案を受け入れてくれないなら、自ら電気の販売を行うかもしれない。

大々的にPHVを導入してようとしているトヨタあたりが電力の自由化に乗り込んできたら興味深いと思う。それ以外、電気自動車やPHVを売る手段無し。

このままではガソリン代と電気料金の差額はほぼ無し

三菱 アウトランダーPHEV

現在、電気自動車やPHVの購入を考えているなら、ぜひとも電力料金のシミュレーションをして欲しい。すでに安価な夜間電力契約になっているなら問題なし。

今から東京電力管内で電気自動車やPHVを購入し、プランの変更をしようと思っている人は、ガソリン代と電気料金の差額がほとんどないということを認識すべき。

参考までに書いておくと、電力の自由化以後、夜間電力料金は横並びでなくなった。最も高い東京電力は1kWhあたり20.78円。安い北陸電力だと7.64円となる。

[Text:国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏

トヨタ プリウスPHV 関連ページ

日産 リーフ 関連ページ

三菱 アウトランダーPHEV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウスPHV の関連記事

トヨタ プリウスPHVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウスPHV の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウスPHV の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28