autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ プリウスPHV(プラグインハイブリッド)試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2012/4/4 18:51

トヨタ プリウスPHV(プラグインハイブリッド)試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

関連: トヨタ プリウスPHV Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
トヨタ プリウスPHV(プラグインハイブリッド)試乗レポート/渡辺陽一郎

急速充電器に対応していないことが惜しい!

プリウスPHVの年間販売目標台数は、トヨタの発表によれば3.5~4万台と物凄い数値になる。1ヶ月平均はおよそ3千台で、これは「ノア」や「ウィッシュ」の販売台数に近い。

日本では、全世帯の約40%が集合住宅に住み、都市部では60~70%に達する。

だから、日産がリーフを頑張って宣伝しても、1ヶ月に1千台前後しか売れない。この点を踏まえれば、プリウスPHVは集合住宅にこそアピールすべきで、そうしなければ1ヶ月に3千台も売れないだろう。

トヨタ「G-STATION」
トヨタ「PHV Drive Support」メンバーズカードトヨタ「G-STATION」

充電設備で使えるのは、AC100Vと200Vのみで、急速充電器には対応していない。前述のように走れる距離が短く、リチウムイオン電池の容量もリーフなどに比べれば小さい。200V充電でも90分で充電を完了するから、急速充電器は不要と判断したとのこと。

ただし、これもユーザーにとっては不満だと思う。もし、近所に急速充電器が設置されていれば、そこでサクッと充電。電気代が掛からず、「タダでクルマを走らせている」という満足感に浸れるからだ。

満充電に要する電気代は、昼間の一般的な契約で70~80円前後だが、「無料の魅力」は大きい。ケチ臭い話に思えるだろうが、「毎日の小さな幸せ」って、そういうところにあると思う。だからメーカーオプションでも良いから、急速充電器にも対応すべき。

「奥さん、プリウスPHVを買えば、毎日の買い物にかかるガソリン代はゼロですよ。休日に遠くまで出かける時はハイブリッド車になりますから、長距離も走れて、ガソリン代は安く済みます」とアピールできる。

それからもうひとつ。

標準装着される充電ケーブルは、AC100V用と200V用を選択できるが、どちらも5mと短い。そこで200V用の10m(8万4,000円)、15m(8万9,250円)がオプションで用意されているが、ディーラーオプションだから追加して買うことになる。

5mと10mのケーブルを両方持っていても無駄。ならば、最初からケーブルはメーカーオプションにして、もっと価格を安くして欲しい。

トヨタ プリウスPHV(プラグインハイブリッド) インパネトヨタ プリウスPHV(プラグインハイブリッド)フロントシートトヨタ プリウスPHV(プラグインハイブリッド)リアシートトヨタ プリウスPHV(プラグインハイブリッド) センターコンソールトヨタ プリウスPHV(プラグインハイブリッド)ラゲッジ

トヨタ プリウスPHV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウスPHV の関連記事

トヨタ プリウスPHVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウスPHV の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウスPHV の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22