autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 先代の反省を踏まえて開発、ケタ違いに“魅力度”が増した新型「プリウスPHV」 2ページ目

新型車解説 2016/6/16 13:25

先代の反省を踏まえて開発、ケタ違いに“魅力度”が増した新型「プリウスPHV」(2/3)

関連: トヨタ プリウスPHV , トヨタ プリウス Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
先代の反省を踏まえて開発、ケタ違いに“魅力度”が増した新型「プリウスPHV」

インテリアの注目は11.6インチの縦長大型ディスプレイ

トヨタ 新型「プリウスPHV」

内装もプリウスとは異なり、インパネの中央に縦長の大型(11.6インチ)ディスプレイを配置する。カーナビ情報のほか、交通量に応じたルート案内、災害時の情報提供など、将来的にはトヨタのビッグデータを活用する端末として機能する。

この縦長の画面は、ナビとして使う時も便利だ。進行方向を上にして表示する場合、縦長であれば目的地に向けた広範囲のルートを表示できる。メーカーは画面がデンソー製、カーナビはアイシンAW製だという。

ちなみにベースとなる現行プリウスのカーナビはすべてディーラーオプションだから、高度な機能を与えにくい。その点でプリウスPHVでは、大半のグレードに11.6インチ画面が標準装着される(法人向けの最廉価仕様を除く)。高い機能も手に入れやすい。

プリウスPHVは4名乗車に

トヨタ 新型「プリウスPHV」トヨタ 新型「プリウスPHV」

車内の広さは基本的に同じだが、後席は3人掛けではなく2人掛けになる。乗車定員も4名で、後席の中央にはカップホルダーや収納設備を配置した。

4人乗りにすれば後席中央の3点式シートベルトなどを省いて軽量化が可能になり、燃費数値を計測する時も有利。5名乗車を考えなければ、動力性能の制御もしやすい。

車内の細かな変更では、前席の中央に配置されたフロントコンソールトレイの色彩を見直した。プリウスでは、上級のGなどは洗面台を連想させる乳白色に仕上げられ、内装色がブラックだとコントラストが強すぎた。

そこでプリウスPHVでは光沢のあるブラックにしている。ファブリックのシート生地もプリウスとは異なる。

なお、グレードはプリウスと同じく豊富に用意する予定で、本革シート装着車なども選択できる。

内装関連の装備では、ヒートポンプ式暖房も注目される。

従来のプリウスPHVでは、ヒーターの熱源はエンジンであった。そのため、暖房を作動させるためにエンジンが始動することもあり、PHVの低燃費が損なわれてしまう。

そこで、新たにヒートポンプ式を設定。シートとステアリングのヒーターは、従来どおり用意する。

トヨタ プリウスPHV 関連ページ

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウスPHV の関連記事

トヨタ プリウスPHVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウスPHV の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウスPHV の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25