autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 石原さとみが初体験!背中パックリドレスで「プリウスPHVってスゴイ!」

新型車リリース速報 2017/2/15 20:59

石原さとみが初体験!背中パックリドレスで「プリウスPHVってスゴイ!」

石原さとみが初体験!背中パックリドレスで「プリウスPHVってスゴイ!」

2代目充電プリウス、EVで68.2km走れる

トヨタ 新型プリウスPHV
トヨタ 新型プリウスPHV

初代モデルの登場から5年、2代目となるトヨタ新型プリウスPHVが2017年2月15日、いよいよ発売された。

新型プリウスPHV(プラグインハイブリッド)最大の特徴は、”充電が出来る”という点だ。

プラグインハイブリッドは、電気自動車とガソリン車の良いところを融合させたモデルで、国産車では先代プリウスPHVをはじめ、三菱 アウトランダーPHEV、輸入車ではメルセデス・ベンツやBMW、フォルクスワーゲン、アウディなどもPHVモデルをラインナップしている。

充電した電力で走行するEVモードを備えると同時に、万が一の充電切れでもガソリンを用いてハイブリッド車としても走行できる点が大きなメリットになる。

新型プリウスPHVは、大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載することで、EVモードでの走行距離が68.2kmと、初代モデルの2倍以上も長く走ることが可能になった(初代モデルのEV走行は26.4km)。

普通充電では200Vで約2時間20分、100Vでは約14時間で満充電が完了するが、家庭用の配線を利用できるので、専用の配線工事が不要である。また、急速充電も利用可能で、この場合は約20分で満充電の80%まで充電することができる。

>>プリウスとは違う!大胆にイメチェンした新型プリウスPHV(写真101枚)

ソーラーパネルでも充電できる

トヨタ 新型プリウスPHV
トヨタ 新型プリウスPHV

新型プリウスPHVで注目すべきなのは、普通充電と急速充電の他に、太陽光でも充電できるところだ。ルーフにソーラー発電パネル(オプション)を備え、太陽光で生み出した電力で走行する技術を新たに開発した。

実は初代プリウスPHVにもソーラー発電パネルが設定されていたのだが、車内の空気を換気するための電力を生み出していたにすぎず、実際に走行するための電力を発生させる仕組みは今回が世界初となる。

なお、太陽光で発電できる電力は1日最大6.1km分、天候によって発電量が左右されることもあるので、平均2.9km/日ということだ。

プリウスと大きく異なる先進的なエクステリア

トヨタ 新型プリウスPHV
トヨタ 新型プリウスPHV

新型プリウスPHVは、2015年12月に発売された4代目プリウスがベースとなっているが、エクステリアのデザインは大きく変更され、より先進的なイメージとしている。

フロントで目を引くのは4眼のLEDヘッドランプだ。先行車のテールランプや対向車のヘッドランプを認識し、照射範囲を16個のLEDで制御するアダプティブハイビームシステムを備えた。

リアは、バックドアのガラス部分に2つのふくらみを持つダブルバブルウインドウを採用。また、左右のテールランプを1本の赤いラインでつないでプリウスPHVらしさを演出したほか、バックドアにトヨタ初となるカーボン素材を採用してデザイン性と軽量化を両立した。

石原さとみ、プリウスPHVでBBQがしたい

新型プリウスPHV CMキャラクター 石原さとみさん(トヨタ 新型プリウスPHV 発表会)
新型プリウスPHV CMキャラクター 石原さとみさん(トヨタ 新型プリウスPHV 発表会)

新型プリウスPHVの発表会では、テレビCMに出演する女優の石原さとみさんも登場し、新型モデルの誕生に華を添えた。

プリウスPHVには、充電した電力で走行するEV走行モードだけでなく、エンジンをかけずに家電が利用できるEV給電モードが搭載されている。

ということで、石原さんはEV給電モードを使って電気を点すというデモンストレーションを行った。

給電モード初体験の石原さんだが、充電ポートにコネクタをつなぐだけで給電が開始されるので、女性でも簡単に扱うことができる。災害時などの電力供給にも一役買いそうだ。

石原さんは、「プリウスPHVはホントにカッコいいです。特に後ろのテールランプのところが未来的で良いですね。あと家庭の電源や太陽光で充電できるのもスゴイです。新型プリウスPHVの給電機能でバーベキューや家をイルミネーションで飾ったりして楽しみたいです。」とコメントした。

>>石原さとみさんが背中パックリセクシードレスで登場(写真101枚)

新型プリウスPHVは別次元の進化を遂げた

トヨタ 新型プリウスPHV 発表会

初代プリウスの開発責任者であり、現取締役会長の内山田竹志氏は、「初代プリウスPHVのさまざまな意見や要望を受け止め、新型プリウスPHVはあらゆる面でお客様の期待を超える別次元の進化を果たしました。新型プリウスPHVの開発にあたり、PHVが普及するための使命について基本から考え直しました。1つは”お客様ファースト”、いかに安心と利便性をお届けできるかを追求しました。もう1つは”環境ファースト”、CO2を削減するということです。この2つの大切な使命を我々の自信作であるプリウスPHVに託しました。」とコメントした。

1997年の世界初の量産ハイブリッド乗用車である初代プリウス登場から20年が経過し、2017年1月末にはトヨタのハイブリッド車のグローバル累計販売台数が1000万台を突破した。

初代プリウスでエコカーという新たなジャンルを確立したトヨタが、1000万台達成の節目に新型プリウスPHVを世に送り出すことで新たなステージに突入した。

CO2削減という目標を達成するためにはエコカーのさらなる普及が必要だと考えられているが、エコカーの中でもPHVこそが今後のトレンドになりそうだ。

トヨタ プリウスPHV 関連ページ

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウスPHV の関連記事

トヨタ プリウスPHVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウスPHV の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウスPHV の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19