autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム プリウスワゴン vs フィットシャトル!どっちが買い?/渡辺陽一郎 3ページ目

自動車評論家コラム 2011/3/9 15:35

プリウスワゴン vs フィットシャトル!どっちが買い?/渡辺陽一郎(3/3)

プリウスワゴン vs フィットシャトル!どっちが買い?/渡辺陽一郎

プリウスワゴンとフィットシャトルを比較!「走行安定性」「乗り心地」「価格」

トヨタ プリウスワゴン
トヨタ プリウスワゴントヨタ プリウスワゴン

走行安定性や乗り心地はどうか。

プリウスワゴンは天井を高めたものの、ホイールベースとトレッド(左右のホイールの間隔)の拡大で、安定性も高められた。

タイヤは16インチと17インチが設定される。従来型プリウスと比べるとサスペンションを柔軟に仕上げ、さらに「ばね上制振制御」も組み込まれる。

タイヤの回転から路面のデコボコを読み取り、モーターの出力を細かく増減させて、ボディの前後方向の揺れを抑える。欧州向けのアベンシス・ディーゼルで採用済みだが、モーターは制御が細かく、乗り心地を効果的に高めた。

プリウスワゴンは、サスペンションの設定も絶妙だ。5/7人乗りの車両重量の違いは30kg程度だから、基本的に同じだが、16/17インチタイヤは変えている。

一般的な手法とは逆に、17インチを少しソフトにして、接地性と乗り心地に配慮した。

フィットシャトルと比べても、走行安定性、乗り心地ともにプリウスワゴンが勝るだろう。以上のように、この2車の違いは、コンパクトとミドルサイズの比較に落とし込める。

ここまでの結論としては、フィットシャトルは気軽に使えて運転がしやすく、プリウスワゴンは、4名乗車時(6名乗車は短距離限定)の快適性と走行性能がメリットだ。

問題は、価格だ。

ディーラーによれば、フィットシャトルのハイブリッド(標準仕様)は185万円と、フィットハイブリッドに対して26万円上乗せされる。

ただし、横滑り防止装置やテレスコピックステアリングが加わっているので、実質的な価格アップは15~20万円に収まる。それでも割安なのはフィットハイブリッドだが、インサイト(Gグレード)の189万円は超えていない。

プリウスワゴンの価格は公表されていないが、7人乗りは上級のGのみに設定される。従来型プリウス(Gグレード)は少々割高な245万円だ。

ミニバン化に伴う価格アップが多めに見積もって25万円だから、270万円以下には抑えて欲しいところだ。

気がかりなのは、リチウムイオン電池のコスト。これが大幅な上乗せになってしまうと辛い。

性能が同じならば、ユーザーにとってはリチウムイオンでもニッケル水素でも何も変わりはないからだ。

バッテリーのコストで20万円も上昇してしまうと、エスティマやヴェルファイアなど高級ミニバンの価格帯へ踏み込んでしまい、ハイブリッド車の経済的なメリットが薄れる。

特にミニバンは節約を真面目に行う主婦層が購入の決定権を握っているので、割高と感じさせてしまうと好調な売れ行きは望めないだろう。

トヨタ プリウスα 関連ページ

ホンダ フィットシャトル 関連ページ

ホンダ フィットシャトルハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウスα の関連記事

トヨタ プリウスαの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウスα の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウスα の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25