autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム プリウスワゴン vs フィットシャトル!どっちが買い?/渡辺陽一郎 2ページ目

自動車評論家コラム 2011/3/9 15:35

プリウスワゴン vs フィットシャトル!どっちが買い?/渡辺陽一郎(2/3)

プリウスワゴン vs フィットシャトル!どっちが買い?/渡辺陽一郎

プリウスワゴンとフィットシャトルを比較!「居住性」「荷室」「動力性能」

ここからは、先日試乗した「プリウスワゴン(プリウス・スペース コンセプト)」プロトタイプについて、フィットシャトルと比較してみたい。

尚、フィットシャトルは試乗会が開催されていない為、ハイブリッドワゴン同士の「仮想対決」となる事をご承知頂きたい。

トヨタ プリウスワゴン
トヨタ プリウスワゴントヨタ プリウスワゴン

まずは、居住性。

プリウスワゴンは、フロントシートのサイズが十分に確保されており快適だ。2列目も従来型のプリウスに比べて、座面の奥行を10mm拡大。

スライド機能を装着しながらも、座り心地が優れている。特に2列目の頭上空間は45mm広がり、従来型の少し窮屈な印象を払拭させた。

従って4名乗車時の居住性はプリウスワゴンが勝るが、要注意は3列目。

大人が座れる足元空間を確保するには、2列目を前へ大きくスライドさせる必要がある。それでも床と座面の間隔が不足して、膝が大きく持ち上がり、大腿部が座面から離れる。

座面のボリューム感は相応に確保したが、3列目の居住性はウィッシュと同程度だ。大人6名が乗車して移動するのであれば、片道30分までだろう。

ホンダ フィットシャトル

次は、荷室。

フィットシャトルの1.5リッターは大容量で、プリウスワゴンに勝てる。ただし、フィットシャトルハイブリッドはバッテリーを搭載するために狭まり、4名乗車時の荷室容量を比較すると引き分けだ。

それでもフィットシャトルはボディが小さく、空間効率は高い。

取りまわし性はボディの小さなフィットシャトルが有利。全長が約200mm、全幅が80mmを下まわり、5ナンバーサイズに収まっていて運転がしやすい。

トヨタ プリウスワゴンホンダ フィットシャトル

動力性能はどうか。

プリウスワゴンの性能は、従来型プリウスと等しい。エンジンとモーター駆動を合算したシステム最高出力は136馬力になる。ただし、約130kgの重量増に対応するため、最終減速比はローギヤード化される。

ハイブリッド用の電池は前述のとおり、7人乗りはリチウムイオンが使われるが、バッテリー性能は基本的に同じとみていい。

一方、フィットハイブリッドも性能は従来型と同じ。システム最高出力は98馬力になる。

感覚的には、プリウスワゴンは2.4リッタークラス、フィットハイブリッドは1.6リッタークラスに匹敵する。プリウスワゴンの方が動力性能は高いだろう。

注目されるのは、静粛性。

従来型プリウスは高回転域のエンジンノイズが耳障りであったが、プリウスワゴンは遮音が入念に行われており、気にならない。

トヨタ プリウスα 関連ページ

ホンダ フィットシャトル 関連ページ

ホンダ フィットシャトルハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウスα の関連記事

トヨタ プリウスαの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウスα の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウスα の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24