autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ プリウスα 試乗レポート/日下部保雄 3ページ目

試乗レポート 2011/5/31 16:35

トヨタ プリウスα 試乗レポート/日下部保雄(3/3)

関連: トヨタ プリウスα Text: 日下部 保雄 Photo: 茂呂幸正
トヨタ プリウスα 試乗レポート/日下部保雄

プリウスとは明らかに違うドライビング感覚

トヨタ プリウスα

ハンドリングに主眼を置いたクルマではないものの、ハンドル応答性では16インチがややシャープだが、ロールは少し大きくなっており、反対に17インチでは応答性は鈍くされているが舵の効きはよい。

またロールも抑えられているので、GとSのグレードの違いが走りの微妙な差として表れている。個人的には16インチのバランス感が好ましく感じられた。

基本的に2列シート仕様と3列シート仕様では、ハンドリング・NVH(ノイズ/振動/ハーシュネス)などの差はほとんどない。

また、プリウスαの重心高は19mmほどプリウスより高く、アイポイントも高くなっているので上から見下ろすようなポジションとなり、この点でもプリウスとは明らかに違うドライビング感覚だ。

サスペンションは前/ストラット、後/トーションビームでプリウスと共通。

ボディの大型化で一部剛性を変えているものの、コーナリング時にギャップに入るとリアサスペンションが暴れ、乗り心地に不利な面が露呈する場面も見られた。トーションビームの限界だろう。

動力性能はベースとなったプリウスより加速力が鈍く、約100㎏ほどの重量差を実際にも感じるが、特に不便は感じない。

トヨタ プリウスα

PWRモードを使うと見かけ上の駆動力が上がるので、山道などでは多少効果があるだろう。

エネルギー回生はさらに向上し、ハイブリッドバッテリーの充電は早くなっている。つまり、燃費に対して貪欲だ。

最後に居住性について触れておくと、2列目は運転席より45mmアップされており、見晴らしは良く、レッグルームも十分。

そして3列目はさらに45mm上げられているので閉塞感はなく、2列シートの下につま先が余裕を持って入るので、予想以上に使えるシートになっていた。

3列目は、十分に実用性の高いシートだ。 ちなみに3列目を使っても、深いトランクのために荷物も結構収納できる。

トヨタ プリウスα 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウスα の関連記事

トヨタ プリウスαの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウスα の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウスα の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23