autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ プリウスα (アルファ)新型車解説 5ページ目

新型車解説 2011/5/13 17:00

トヨタ プリウスα (アルファ)新型車解説(5/5)

関連: トヨタ プリウスα Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
トヨタ プリウスα (アルファ)新型車解説

すでに大量受注!デリバリーは2012年へ持ち越しか!?

プリウスαとプリウス

5人乗りなら250万円のS、7人乗りなら300万円のGが一般的な選択だ。GはSに対して価格が10万円ほど割高。5人乗りならグレードはSを選び、必要な装備をオプションで加えたい。

サスペンションの設定は、5人乗りと7人乗りは同じだが、16インチタイヤの標準グレードと、17インチのツーリングセレクションでは異なる。一般的には17インチ仕様の乗り心地が硬くなるが、プリウスαは逆だ。

17インチ仕様は走行安定性が担保されているのを受け、ショックアブソーバーの減衰力を少し下げた。従って走行安定性と乗り心地の両立が図られている。購入時には試乗車を乗り比べて検討したい。

装備がほぼ等しいG同士で比べて、7人乗りの価格が5人乗りを20万円上まわることにも注意だ。ホンダのストリームの場合で、3列目の価格換算額は7~9万円、SUVなら4~6万円の上乗せに収まる。

プリウスαの7人乗りは高価なリチウムイオン電池を使うので、価格を高めたが、性能が同じである以上、ユーザーには関係のない話だ。

首都圏のディーラーにプリウスαの納期を尋ねると、「受注が多く2012年に持ち越される。7人乗りは来春以降」とのこと。

エコカー減税の期限は、延長されない限り、自動車取得税が3月31日、同重量税は4月30日で終了する。約1年の納車待ちは長い。

仮に東日本大震災が発生しなくても、納期が長引き、購入計画を立てにくい状態になっていたと思われる。

人気があるが故の悩みはベース車であるプリウス同様、派生モデルであるプリウスαも同じようだ。

トヨタ プリウスα 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウスα の関連記事

トヨタ プリウスαの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウスα の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウスα の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27