autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ プリウスα (アルファ)新型車解説 3ページ目

新型車解説 2011/5/13 17:00

トヨタ プリウスα (アルファ)新型車解説(3/5)

関連: トヨタ プリウスα Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
トヨタ プリウスα (アルファ)新型車解説

7人乗りプリウスα!でもやっぱり3列目シートは補助席と考えるべき!?

プリウスα 7人乗り
プリウスα 7人乗りプリウスα 7人乗り

フロントシートの居住性は良好。シートのサイズはベース車のプリウスと同様に十分に確保され、空間効率を高める目的で、床と座面の間隔を30mm増している。その上で、頭上の空間も25mmのプラス。開放感が強まった。

2列目シートの造りは、5人乗り、7人乗りともに共通だ。2列目を最後部に寄せると、膝先の余裕はベース車のプリウスを35mm上まわる。着座位置は80mmも高めたが、床と座面の間隔は40mmの拡大にとどまる。

荷室と3列目の足元空間を確保するため、薄型燃料タンクを新採用。ボディ骨格が前にせり出し、これを避けるべく床を40mm持ち上げたからだ。従って着座位置は80mm高くても、床と座面の間隔は40mmの拡大になる。

7人乗りの3列目は、補助席と考えたい。シートが小さく、床と座面の間隔も不足気味。膝を抱える座り方になる。頭上の空間も乏しい。身長170cmの同乗者が座ると、天井と頭部の間隔はほとんど残らない。足元空間も狭い。

1列目と3列目の乗員間隔がウィッシュを50mm下まわり、身長170cmの大人6名が乗車すると、3列目に座る同乗者の膝先空間はわずかだ。座面のボリュームは相応にあるが、座り心地は窮屈。大人6名の乗車で移動するなら、片道30分程度が限界だろう。

ラゲッジは3列目を畳むと、ミドルサイズワゴンと同程度の容量が確保される。3列目を持たない5人乗りに比べると若干下まわるが、大きな差ではない。ただし、路面と荷室床面の間隔は700mmに達し、少々高い。

荷室の床が低いノア&ヴォクシーなどから代替えするなら、3列目の居住性と、荷室の使い勝手を確認しておいたほうがいいかもしれない。

プリウスα 7人乗りプリウスα 7人乗りプリウスα 7人乗りプリウスα 7人乗りプリウスα 7人乗り

トヨタ プリウスα 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウスα の関連記事

トヨタ プリウスαの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウスα の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウスα の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22